男塾英会話コース!

自由人よりのおじさん経営者の皆さん

(自由人よりのおじさんの心を持った女性経営者の皆さんも)

「自分で」納得しないと

動き出せないタイプではないですか?

 

初めまして!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です。

 

大手激戦区秋葉原で、12年、なんとか小さな個人スクールとして細々と

やっている英会話スクールの校長です。

 

お客様の方で、小規模の会社を経営されている方が多いのですが

おそらく私自身が小規模の自営業者だから

というのもあるかと思います。

 

無料カウンセリングなどでよく聞くお悩みは

なんとなく大手のスクールは行きづらい

 

というのも、物腰が柔らかくても

実は「自分のやり方」でやりたい方が多い経営者の方は

大手だと、果たして「自分のやり方に合わせてくれるか?」

毎回先生が違うんじゃないか?

 

そうお感じになるようです。

 

そう、お教えしていていつも思うのが

どんなにビギナーの方でも

「自分のやり方でやりたい」

という気持ちが皆さんとても強いです。

 

いや、おそらく、そうではなく

「言われた通りやろう」

それが一番早いから

 

そのように皆さんはお考えになると思いますが

(そして、それも正しいです)

 

それでも!

 

普通の方に比べると、「自分のやり方」が強いのです、笑

それもまた英語学習においては正解です。

 

言われたアドバイスを素直に聞くのも大切なのですが

それよりも大切なのは

 

「自分でやる」

という主体性です。

 

これがないと、どんなにお金を積んでも

当たり前ですが英語は伸びません。

 

もしも今、英語できたらいいなぁ

 

そのようにお考えの、小規模自営業者

そして、自由人よりの方(自分のやり方、が強い)は

 

是非

「どうやったら、英語が話せるようになるのか?」

の、アウトラインを最初に知っておくことをお勧めします。

 

おそらくですが、皆さんは

テストよりも「しゃべれる」ようになることが大切ですよね?

 

私は10 年受験英語を塾講師として教え

TOEICも850点までとってからニューヨークに留学し

 

全く英語が話せなかった!

 

という経験をしています。

受験英語と本場の英語は全く言っていいくらい別物でした。

 

なんの自慢にもならない経験ですが

その分、どのようなことを具体的にすれば

「しゃべれる」

ようになるのか、わかっている方だと自負しています。

 

正直、そこをわかっていない方は

プロの先生にも多いなぁ、と思っています。

 

英語力は素晴らしいのですが

どうやったらそうなれるのか?

自分の経験則にだけ頼っている気がするのです。

 

レオンは本名ですが、ネイティブではないので

今でも毎日英語学習を起き抜けにやっています。

タイマーを25分セットして、日課をこなすのです。

 

英語は外国人と話しているだけでは、思ったより伸びません。

 

留学しただけでは、想像以上に英語は伸びないものです。

やはり日々の「自習」が大切なのです。

 

逆を言えば留学しなくても、英語は十分

「話せるように」なれます。

 

私自身、ニューヨークに1年留学したのは13年前ですが

その頃よりも、今の方が断然英語をしゃべれます。

 

現地の幼稚園児よりも英語喋れなかったのが

ASEAN大使館、参議院会館で通訳を経験したり

JINS、FUJITECHなどで企業研修をしたり、

商業出版もできるくらいの英語力にはなりました。

 

でも、それは留学したからではなく

「自習」を続けてきたからです。

 

そんなに大量にやる必要はありません。

 

「自分のやり方」が強い経営者の皆さん

 

それは、だって誰のせいにもできないから

全部自分で責任を取らないといけないから

そうなったんだと思います。

 

私も同じです。

辛いことがあっても、それを人のせいにしたりしないですよね?

結局、自分でそんなことも飲み込んできたのではないでしょうか。

 

ですから、皆さんが英語学習に成功する一番の秘訣は

 

こうやれば英語しゃべれるようになるのか・・・

と「自分で納得すること」

なんです。

 

60分の無料のセミナーですので、

もちろん、講座をとれ!なんて無理な勧誘も一切しませんので

 

もしよろしければ、60分の無料セミナーで

どのようにすれば、本当に喋れるようになるのか?

 

また、若者より早く大人は習得できます。

(Younger is better. Older is faster)

この辺りも解説いたしますので

 

是非、お気軽にご参加ください!

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩


学べること

・私(校長横山礼恩)がまたビギナーになったとしたら、「やらない5つのこと」

・口から英語が出てこない!を解決するために瞬間英作文(思ってることを瞬時に英語にする練習)は意味がない

・発音練習は優先度低い

・日本人の英語をバカにしてくるのは、99%日本人。英語警察が与える負の影響(これ、結構バカになりません)

・学校の英語教育で喋れないのは、文法ばっかりやったからではない

・単語を覚えても「しゃべれる」ようにはならない(でも単語力は大事)

・文法やっでもしゃべれるようにならないけども、日本人は英文法を知らないと遠回りをしてしまう

・文法は全部やらなくていい。間違っても通じるのと、間違うと通じないのがあり、後者に集中する(そこが怪しい場合)

・なぜ、おじさんの方が若者(10代まで)よりも「早く」習得できるのか?

・外国人を前にすると緊張してしまう!の解決方法

・全部きっちりやろうとするから、英語学習は挫折する。

・社会人の一番の難関、忙しくてモチベーションのキープができない、の解決方法

・外国人と25分毎日英語をオンライン英会話で話すくらいなら、25分一人で自習した方が良い理由

・自己紹介もできなかったレベルから1年でTOEIC915点とって、外国人相手のテレホンオペレーターとして正社員採用された人が、毎日具体的に何をやっていたか?

・「しゃべれる」ようになるための大原則。ここを間違っていたので、10 年も受験英語教えたのにニューヨークで幼稚園児よりも喋れなかった。

・1日3時間やって短期で伸ばしちゃおう、と考えるとほとんど挫折する理由

・校長が毎日25分起き抜けにやっている超簡単だけど、効果抜群の練習

 

などなど。もちろん、質疑応答の時間もとります。


無料セミナーのお申し込みはこちら!

4日間ありますので、フォームを下にスクロール

してお選びください!

 


 パン屋の英会話教室LEONってちゃんとやってるの?

 

うちは、小さな個人教室ですので、ネットで初めて見た方は

「ここちゃんとやってんのか!?」

と思うのではないでしょうか?

 

大手激戦区秋葉原で、細々と

個人スクールながら12年やってきました、笑

 

そのお客様のお声、メディア実績、最後は追伸がこの下にあります!

 

良かったら、ざっと目を通してみてください!

 

ちゃんとやってます!笑

 


お客様のお声

TOEIC400レベル→865点 → 最終910点(1年)WSさん

次の授業までの1週間何をやったら良いかきちんと教えてくれました!

 

最初は自己紹介すらままなりませんでしたが、私は約1年前からこの教室に通っています。

入学当初は英語で自己紹介をするのもままならない状態でした。

しかし今では自己紹介はもちろん、ネイティブ講師と
ニュース記事に関する簡単な意見交換もできるようになりました。

また、入学当初にTOEICのスコアが400くらいだったのですが、

校長のLeonさんや、外国人講師みなさんの熱心な指導のおかげで

595点→720点→770点→865点→910点と順調にスコアを

伸ばし、長年の悲願で合った正社員で就職の夢も叶いました。

次の授業までの1週間何をやったら良いのかきちんと教えてくれ、またそれ通りやると次第にTOEICの問題を解けるようになったり成長を実感できるので、楽しく継続することができたのが大きかったです。

そこから、今では英語でテクニカルサポートを海外の方にする仕事をしています。

___

TOEIC400→805点(5ヶ月)本人ブログあり
ヨガインストラクターMIさん

https://note.com/itsukamatsuo/n/nd5ba09bc1d60

学習記録を交換する中でTOEICの解答部分の多聴多読、それと問題演習を2時間ぶっ通してやる時間がちょくちょくあったのが良かったと思います。基本的な学習時間は仕事もあるので、1日30分平均でした。また、リスニングに苦手意識があったので、発音学習も集中的にやりました。ご自身もいろいろ工夫する自主性がありましたので、強制するよりも提案をしてご自身が納得されてからトレーニングスケジュールを作ることを大切にしました。ヨガのインストラクター、マインドフルイーティングの著書も出されているだけあり、英語嫌いのご自身が英語学習に取り組む様のブログ(note)がとても参考になると思います。是非読んでみてください!

___

1分英語でしゃべれない→NY移住できるレベルに(6ヶ月)KDさん

※YouTube動画あり

どうしてもスピーキングが苦手で、ニューヨークに移住したくてもそれがネックで、ある日居酒屋で校長のLeonさんに相談しました。1週間ごとの練習スケジュールを詳細にくれたので、それをひたすらこなすことを目標に、良いペースで成長できました!今ではNYに移住して10年を迎えようとしていますが、この時の6ヶ月がなければ難しかったと思っています。

Kさんの6ヶ月間 Before After動画

____

TOEIC700で停滞→845点(3ヶ月)会社の外国人もいる会議で積極的に発言できるように HMさん

プロジェクト開始後に私達がインドチームの責任者と会議をした際、インドチームの英語は50~60%ほどしか理解できなかったにも関わらず、私は英語を”スラスラ”話せ、スムーズに進行することができました。会議に参加する他のメンバーの日本語を訳すこともでき、私の人生で最も器用に英語を使いこなせた時間でした。

通常の授業では、Leonさんはほめ上手で学習意欲を駆り立ててくれますし、外国人講師の皆さんはユニークかつフレンドリーで、講師自身会話を楽しみながら教えてくれます。

___

英語が全く読めない→英語のみのMicrosoft BIの資格試験に合格(1年)OHさん

パン屋の英会話教室LeonのおかげでMicrosoftのデータ分析の資格である、MSCA BI-reportingの認定試験に合格することができました!

なぜ、英語とは無縁のデータ分析の資格試験でお世話になったかというと、実はこの試験、日本語での提供がなく英語でしかなかったからです。

私はいつか英語が話せたらいいな、という漠然とした想いは持っていましたが、仕事で今回の資格が必要になったのでレオン先生に相談しました。

当時の私はほとんど英語が読めませんでした。試しにその試験の模擬に挑戦してみたところ、1000点中700点以上で合格のところ、300点しか取れませんでした。しかもこの認定試験は関連する2つの試験にも合格しないといけません。

1つでも大変なのに2つも英語での試験に合格しないといけないのです。

受験の相談をした時、レオン先生もあまりの点数の低さに内心驚かれたと思いますが、必ずやり方はありますよ、と心強いお言葉をいただき、マンツーマンレッスンをお願いすることになりました。

長年塾の講師をされていた経験もおありなので、的確な学習法をお教えいただきました。

勉強を始めて数ヶ月、自分の知識のなさにも不安があり、教えていただいた以外の方法を続けて伸びない時期もありました。

思い切って試験日を決め、1回で合格はできず3回受けましたが、1年でやっと2つの試験に合格し、念願の認定を取ることができました!

レオン先生、講師の皆様、本当にありがとうございました!

Biz.Improve代表 小野眸

____

通訳案内士合格(1年)IDさん

英語を習うのに大切なことは、誰に習うか、だと思います。先生のおかげで学習を続けられているし、参加当時と比べて英語も上手くなっていると実感しています。

良い点は3つ

1、それ以上教えたら英語への興味を失ってしまうであろう境界線を引くのがうまい。

2、ほぼ純ジャパなので、わからない人に寄り添うことができる。名前は「礼恩(レオン)」ですが、日本生まれ日本育ちで留学経験があるもののそれも30になってからだそうです。なのに発音が素晴らしく、聴いてて心地よいです。帰国子女でもなく、留学経験もない私のような学習者に寄り添うことができます。

3、自身が日々研鑽している。

英語の勉強会や指導法のセミナーに参加したり、スピーキング大会に出場したりして自身の研鑽を続けていることです。さらに高みを目指している姿に刺激を受けます。

最後にもう一つ大事なところは、ユーモアを持ち合わせているところです。英語を喋る緊張をほぐしてくれるし、本当におすすめの先生です。

「1日15分で英語が話せるCDブック(あさ出版)」も出されていて、こちらもオススメです。

___

自己紹介もできない→一人で渡米してスパルタンレースに参加(3ヶ月)SAさん

英語は怪我をしないスポーツだ、才能なんて関係ない、ということを教えてくれたのがパン屋の英会話教室Leon でした!

レッスンはトレーニングが中心で最初はちょっと大変かもしれません。世の中には聞き流すだけ、マンツーマンでとにかくできるようになど、いろいろありますが、トレーニング抜きで上手くなることはありません。

本当に英語が話せるようになる方法とマインドが学べるスクールです。

先生自身ももともと英語が苦手だったこともあり、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

適度なゆるさもあり、かれこれ半年通っています(※注、書いてもらった当時)

他で挫折した方、もう歳だから無理、など思っている方には特にお勧めいたします!

___

2022/4月 海外出張・海外移住でしゃべれる自分を実感

全く初心者の状態から、海外移住、海外出張で以前よりも英語コミュニケーションができるように(初めて約6ヶ月)

IMさん、EYさん

1、2人とも半年前より、相手の英語が聞こえて理解できるようになった

2、IMさんはかなり流暢さが上がり、現地でのコミュニケーションは全てアプリに頼らず英語でできるようになった

3、二人ともよく海外にいくので学習への動機付けが強い(IMさんは移住)

4、要はこれだ、ともう確信。二人とも「多聴」をやっている

5、多聴に加えて、IMさんは簡単な会話集の反復練習、EYさんは基礎文法を中心に授業では学習

6、これもめっちゃ大事と思いました。二人とも前向き!焦って伸ばそうとせず、自分のペースで気楽に楽しく続けている。すぐに伸びるわけないと分かっているので、地道にゆるゆる、伸びてないところで執拗にクヨクヨせず、できるようになったところを喜ぶポジティブさがある。

7、二人とも、学習管理などはせず、自分のペースでのびのびとやってもらった。

やはり「聞き流しメイン」「意図的な学習ちょっと」「ポジティブさ」

この3つだと思いました。

※校長所感

___

TOEIC735点→785点(3ヶ月)NAさん

毎週のレッスンはいいペースメーカーですし、勉強習慣の維持とモチベーションアップにすごくありがたい存在です。

がっつり学ぶというよりは、モチベーションアップを期待して、授業を受けています。毎週のレッスンが楽しいので、これがなかったら多分、ストイックな勉強は続かなかったと思う。

___

TOEIC695→820→870点 目標の800点を超える(6ヶ月) Kさん

リスニングを勉強するとリーディングが下がり、逆も然り、を繰り返していたKさん。やったことは

・金のフレーズをちょこちょこ(リーディングは400点取れることもあるので、すでに単語力はあると判断し、そんなには力を入れず。ただ、本人が単語力に不安を感じるとおっしゃっているので、全くなくすことはせず)」

・公式問題集の問題を解いてから、解答部分をシャドーイング。反復よりも、先に行くテンポの良さと「量」を重視

そりゃできる練習全てやるのがベストですけど、社会人なのでそれは無理。

現実的な範囲で、これくらいやれば伸びるだろう、というセカンドベストを探った結果、このような学習スケジュールを二人で立てました。

その中でも「多聴多読」は間違いなく伸びますし、SLA(第二言語習得論)とも合致しています。

※校長所感

___

TOEIC620-725点(4ヶ月)GAさん

7/24に受験しましたTOEICの結果が、725点でした。(2022年)

目標の730点まで届かず残念だったのですが、伸び悩んでしたリーディングが300点を超えることができ、とてもうれしいです。

先生にご指導いただきましてから、点数が伸びております。

 

本当にありがとうございます。

___

※番外編 Kidsレッスン SIくん小4 英検5級合格

オジサンの心を持っていれば女性も若者も参加可能な男塾!英会話コース。

とはいえ、基本的にキッズレッスンはやらないのですが、番外編的にお教えしました。

英検4、5級は正直、読めれば合格できるテストなのですが、まず読むこと自体が小学生だと難しい。さりとて、フォニックスばかりをやっても飽きてしまいます。

とても耳が良い生徒さんなので、あえて嫌になりそうな文字を読めるようになる練習は少しにし、得意な音読を中心に進めて、文法問題なども控えめにしました。

自己肯定感が大切なので、無理なことはせず、得意なところを中心にしながら、反復よりも基本は「量(多聴)」を多めにし、過去問を3、4台は一通りやって数回反復した状態にしたところ、5級は1発で突破できました。

本人にとって負担にならないように教える、これは子供も大人も一緒だと実感しました。

※校長所感

___


メディア実績

様々なホームページでもパン屋の英会話教室Leonが紹介されております。

是非、そちらの評価などもご参考にしてください。

 

「みんなの英語広場・パン屋の英会話教室Leon の体験レッスン体験記」(具体的なレッスン内容が見られます)

「レスナビ」

「ライフハッカーにて校長著作紹介される」

「秋葉原でおすすめの面白い英会話8選」

【完全保存版】秋葉原ならでは絶対おすすめ!英会話スクール6選~失敗したくない人限定~

★「1日15分で話せるCDブック著者として、インターネット番組今3時そうねだいたいね!出演時」


校長略歴

Toeic950(リスニング満点) E-Cat 98点(100点中)
発音検定指導者レベル   参議院会館通訳 Asean大使館通訳
Californiaレーズン協会通訳経験
大手企業研修
1日15分で英語が話せるCDブック出版。
J-WAVE 澤井製薬Sound Clinick出演
英語講師歴20年1980年生まれ。

レオンは本名ですが埼玉生まれ埼玉育ち。
塾講師を10年やってNYコロンビア大学
ALPコースに留学。
まさかの英語が全くしゃべれない!という経験から、
本当に使える英会話力を今度は社会人に教えるべく、
2013年秋葉原にパン屋の英会話教室Leon開校。
大手スクール激戦区の秋葉原において、
今年個人塾ながら12年目を迎える。


追伸

実はこの「男塾英会話コース」というのは

生徒さんで、同じく自由人系おじさん経営者の方が

提案してくれたものでした。

 

コロナ禍は教室を駅近で構えていた(秋葉原・末広町)

私たちにとって、相当な打撃でした。

 

しかも、私の予想していたよりも長引いたので

割と立地条件だけで楽に集客できていた事務所も

2023年には手放さざるを得なくなり

しばらくは、生徒さんの知り合いのオフィスの一角を

間借りしていたりしました。

 

教室ビジネスって結局は「立地」なんですよね。

そこにあぐらをかき、2013から2020まで

ドンブリ勘定でやっていてもなんとかなっていたのです。

 

でもそれだと、危機の時は全くだめでしたね。

どんどん経営状態は悪くなり、

また、マーケティングなども真剣に学んだことがないため

苦労など一切せずに乗り切るかに思ってた我が人生が

初めて、大きな落とし穴に落ちてしまいました。

 

そんな時、周りもどんどん冷たくなるものですが

その生徒さんは温かく(というか面白がって?)

そばで見ていてくれて、励ましてくれる方でした。

 

「先生はなんとかなるよ」と。

 

どん底になると、自分を見直しますよね。

金に詰まって借金も積み上がる

(しかも設備投資など前向きな借金ではないですからね)

請求書・督促電話の嵐になると、楽天的な私も流石に落ち込みました。

 

自分がなんて無力な存在なのか、本当に I’m nothing (自分は無価値だ)

心よりそう思った時、唯一心の拠り所になったのが

 

「レッスンをしている時」だけでした。

 

この時だけは、終わった時に人が感謝してくれることもあるし

唯一、自分がちゃんとお金をとってできること

講師自体は合計22年間やっていますし

商業出版もし通訳や大手企業研修もやりました。

 

結局、ギリギリでなんとかつぶれずにどうやらコロナ禍も

満身創痍ながら生き残れたようなのも

 

結局、自分は、英語だけはちゃんとやってきたからなんですね。

 

もちろん、自分の英語学習、英語を教える姿勢

100点満点だったとはとてもいえません。

大いなる反省も多々ありますが、

 

それでも、今でもどんな二日酔いでも

自分の英語学習は欠かすことがありません。

 

もうレオンさんには何も期待してないから・・・

と、ぼそっと言った妻も、この点だけは認めてくれている(はず。多分)

と思います。

 

つまり、英語学習と英語教えることだけは

なんだかんだ成人してからずっとやってきたのです。

 

じゃぁ、なんでこれだけはやってきたのか。

英語の仕事だけは続けてきたのか?

 

まぁ、詰まるところ、ここに行き着くと思ったのが

「楽しい」んですよ。

 

英語の学習自体も楽しいし

教えていても、やっぱりなんだかんだで面白いし

また、英語で外国人と話せるのもこれも考えたら楽しいし

 

イヤーーーーなことがあってへこんでいても

 

駅でちょろっと困っている外国人を英語でスムーズに手助けできると

英語やってよかったなぁ、なんて、小さな自己満足にもひたれます。

 

そう、英語って、楽しいんですよ!

 

自由人系おじさん経営者の皆さんは、

ただでさえ、妙なコミュニケーション能力が高いと思います。

ですから、そこそこでもしゃべれるようになれば

かなり、人生が楽しくなること請け合いです!

 

男塾英会話、を考えてくれた生徒さんも

前よりもしゃべれるようになり、東南アジアでビジネス進出を果たし

とても楽しそうです。

 

フィーバーしてるのも楽しそうですが

でも、フラっと田舎町の居酒屋屋台に立ち寄って瓶ビールを飲み

英語で現地の人と話せる

 

これって、かなりの幸せではないでしょうか?

 

英語はできると「楽しい」です!

 

そして、私自身、この「芸」に何とか救われていると思っています。

もちろん、経営者でもありますから、そこはもっとシビアに

回復から成長にまでつなげたいものですが

 

そんな話などもしながら、皆様の

英語学習のお手伝いを、長い期間にわたってできたら

スタッフ一同、とても嬉しく思います。

 

そう、もう一度英語は「楽しい!」です。

 

是非、その楽しさを共有できたらと思います。

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩


おじさん経営者×長期ゆるゆる 男塾英会話コース!

おじさん経営者 × 長期ゆるゆる

男塾英会話コース!

 

自由人系おじさん経営者の皆さん!

まさに私(パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩)も

自由人系おじさん経営者ですが

 

英語やってみたいなぁ・・・

という心がありながら

 

1日3時間、ガチガチにやらされる英会話コーチング

外国人とたくさん英語話せるオンライン英会話

大手スクールの楽しそうなキラキラグループレッスン

 

いやぁ、こういうのはちょっとなぁ・・・

 

と思っていたりしませんでしょうか?

 

そういうのじゃなくて・・・

 

・短期集中じゃなくて、長期ゆるゆる

・ガチガチにやらされるんじゃなくて、ゆるく伴走してくれればいい

・キラキラとかいいんで、迷った時に具体的な学習法などを教えてほしい

 

つまり

 

「長期ゆるゆる」×「正しい学習法」×「モチベーションの維持」

 

それでいて、人間的にも一緒にいて気づまりではない

 

そんな英会話スクールねぇかなぁ・・・

 

なんて思っていらっしゃる自由人系おじさん経営者の皆さん

(もちろん、自由人系おじさんの心を持った女性も大歓迎です!)

 

パン屋の英会話教室Leon

「男塾英会話コース」こそが、皆様におすすめです!


 

私はよくわかっていますが、たとえビギナーの方だったとしても

自由人経営者の皆さんは

「自分のやり方」

を尊重してほしい方が多いと思います。

 

よくいえば独創性があり、悪くいうと・・・

あんまり人の言うことを聞かないのです、笑

 

なので、あまりあれやれ、これやれ、このやり方は意味ない云々

そういうことを言われると、途端に萎えてしまいます。

 

そう、自由人経営者の皆さんは「自分でやってみたい」のです。

 

とはいえ、現実社会でリスクの伴う経営をされてきたので

全部が全部、自己流でいいわけない、ということもよくわかっていらっしゃると思います。

 

また、英会話を自由自在に操れる能力なんて、

それなりの時間と労力を投資しないと、無理だろう、

ってこともわかっていらっしゃいます。

 

だからこそ、「短期集中」という言葉には、

あまりピンとこないのではないでしょうか?

 

自己流でいいわけないけど、でも、基本は自分でやりたい

その塩梅をわかってくれて、必要な時にアドバイスをしてほしい

 

行きたい時にゆるゆるレッスンに通い、

それ以外もLINEなどでやりとりしながら

「長期間で」

モチベーションをストレスなく、楽しく維持する手助けをしてほしい。

 

あとは、できたら大手のキラキラグループレッスンとかではなく

個人スクールのマンツーマンでやりたい

 

外国人と1日25分程度、週に何度か英語で話すだけ、

そんなんで上手くなるとも思えないしなぁ・・・

英語話すだけなら上野の飲み屋行けばいいしなぁ・・・

(と、お思いになるかは分かりませんが)

 

やはり、英語のコミュニケーション能力も

実は外国人と話していれば勝手に上手くなるってもんでもないんですね。

 

「自分でやること」がとても大切になってきます。

要は、「自習」を地味に続けないとダメなんですよね。

 

私自身、ニューヨークに留学した2011年より

それから日本にずっと住んで13年たった今の方が

断然英語が聞こえますし、話せています。

今でも毎日地味に英語の「自習」を続けているからです。

 

まとめると

 

「長期ゆるゆる」で

「モチベーションの維持」を長い目で手助けし

「英会話学習法」をちゃんとわかっている講師が担当

 

これこそが、男塾英会話コースです。

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩は

レオンは本名なのですが、埼玉生まれ埼玉育ち

英語が苦手で大学受験は3浪していますし

そこから塾講師となり、受験英語を10 年教え

TOEICも850点まであげて2011年にニューヨークに留学し・・・

 

英語が全く話せないじゃないか!!!

 

という経験をしています。

ですので、受験英語もコミュニケーション英会話習得法も

両方10 年以上やった珍しい英語講師になりました。

 

また、正社員として会社に勤務した経験もなく

帰国後2013年からはずっと自営業ですし

実家もパン屋で自営業ですので、自由人系経営者のお気持ちは

おそらく、英語業界一わかると思います。

 

皆様の英語やりたいなぁ・・・

という気持ちを萎えさせることなく

長期間で、ゆるく温かく、楽しく酒でも飲みながら

(授業中は飲みませんが・・・)

サポートできたらと思っております。

 

料金はとてもシンプルで

48回の60分マンツーマンレッスン(1年有効)

= 480,000円(税込)+ 入会金 20,000円(税込)

 

こちらが、無料カウンセリング後の翌日中に

レッスンのお申し込みをいただくと

キャンペーン割引ということで

 

480,000円 →  298,000円(税込)

入会金20,000円 →  無料

1年の有効期限 →  48回チケットの期限が期限に

 

になります。

 

もちろん強引な勧誘などは一切行っておりませんので、

もしも「男塾英会話コース」が気になった場合は

ご遠慮なく、無料カウンセリングにお申し込みください。

 

ものすごくビギナーの方でも

安心して気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

ゼロのゼロから、超基礎の基礎文法からお教えするのは得意です。

 

また、留学などの経験があり、

日本では中上級レベルなんだけど、もっと伸ばしたいんだよなぁ、なんて方へお教えするのも

私自身、そんな中から通訳などをするようになったので、得意分野です。

 

当スクールは個人英会話スクールですので、

私を含め3人で運営しております。

 

個別コースのレッスン枠には限りがありますので

ご興味がありましたら、お早めに無料カウンセリングを

お申し込みいただくことをお勧めいたします。

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩

 


パン屋の英会話教室Leon??

なんだそれ?

とお思いになると思いますので

こちらにお客様のお声(男塾コース以外の方もいらっしゃいます)

メディア実績、校長略歴などを載せておきます。

 

ちゃんとやっております!笑

ざっとお目通しいただけたら嬉しく思います。


 


お客様のお声

TOEIC400レベル→865点 → 最終910点(1年)WSさん

次の授業までの1週間何をやったら良いかきちんと教えてくれました!

 

最初は自己紹介すらままなりませんでしたが、私は約1年前からこの教室に通っています。

入学当初は英語で自己紹介をするのもままならない状態でした。

しかし今では自己紹介はもちろん、ネイティブ講師と
ニュース記事に関する簡単な意見交換もできるようになりました。

また、入学当初にTOEICのスコアが400くらいだったのですが、

校長のLeonさんや、外国人講師みなさんの熱心な指導のおかげで

595点→720点→770点→865点→910点と順調にスコアを

伸ばし、長年の悲願で合った正社員で就職の夢も叶いました。

次の授業までの1週間何をやったら良いのかきちんと教えてくれ、またそれ通りやると次第にTOEICの問題を解けるようになったり成長を実感できるので、楽しく継続することができたのが大きかったです。

そこから、今では英語でテクニカルサポートを海外の方にする仕事をしています。

___

TOEIC400→805点(5ヶ月)本人ブログあり
ヨガインストラクターMIさん

https://note.com/itsukamatsuo/n/nd5ba09bc1d60

学習記録を交換する中でTOEICの解答部分の多聴多読、それと問題演習を2時間ぶっ通してやる時間がちょくちょくあったのが良かったと思います。基本的な学習時間は仕事もあるので、1日30分平均でした。また、リスニングに苦手意識があったので、発音学習も集中的にやりました。ご自身もいろいろ工夫する自主性がありましたので、強制するよりも提案をしてご自身が納得されてからトレーニングスケジュールを作ることを大切にしました。ヨガのインストラクター、マインドフルイーティングの著書も出されているだけあり、英語嫌いのご自身が英語学習に取り組む様のブログ(note)がとても参考になると思います。是非読んでみてください!

___

1分英語でしゃべれない→NY移住できるレベルに(6ヶ月)KDさん

※YouTube動画あり

どうしてもスピーキングが苦手で、ニューヨークに移住したくてもそれがネックで、ある日居酒屋で校長のLeonさんに相談しました。1週間ごとの練習スケジュールを詳細にくれたので、それをひたすらこなすことを目標に、良いペースで成長できました!今ではNYに移住して10年を迎えようとしていますが、この時の6ヶ月がなければ難しかったと思っています。

Kさんの6ヶ月間 Before After動画

____

TOEIC700で停滞→845点(3ヶ月)会社の外国人もいる会議で積極的に発言できるように HMさん

プロジェクト開始後に私達がインドチームの責任者と会議をした際、インドチームの英語は50~60%ほどしか理解できなかったにも関わらず、私は英語を”スラスラ”話せ、スムーズに進行することができました。会議に参加する他のメンバーの日本語を訳すこともでき、私の人生で最も器用に英語を使いこなせた時間でした。

通常の授業では、Leonさんはほめ上手で学習意欲を駆り立ててくれますし、外国人講師の皆さんはユニークかつフレンドリーで、講師自身会話を楽しみながら教えてくれます。

___

英語が全く読めない→英語のみのMicrosoft BIの資格試験に合格(1年)OHさん

パン屋の英会話教室LeonのおかげでMicrosoftのデータ分析の資格である、MSCA BI-reportingの認定試験に合格することができました!

なぜ、英語とは無縁のデータ分析の資格試験でお世話になったかというと、実はこの試験、日本語での提供がなく英語でしかなかったからです。

私はいつか英語が話せたらいいな、という漠然とした想いは持っていましたが、仕事で今回の資格が必要になったのでレオン先生に相談しました。

当時の私はほとんど英語が読めませんでした。試しにその試験の模擬に挑戦してみたところ、1000点中700点以上で合格のところ、300点しか取れませんでした。しかもこの認定試験は関連する2つの試験にも合格しないといけません。

1つでも大変なのに2つも英語での試験に合格しないといけないのです。

受験の相談をした時、レオン先生もあまりの点数の低さに内心驚かれたと思いますが、必ずやり方はありますよ、と心強いお言葉をいただき、マンツーマンレッスンをお願いすることになりました。

長年塾の講師をされていた経験もおありなので、的確な学習法をお教えいただきました。

勉強を始めて数ヶ月、自分の知識のなさにも不安があり、教えていただいた以外の方法を続けて伸びない時期もありました。

思い切って試験日を決め、1回で合格はできず3回受けましたが、1年でやっと2つの試験に合格し、念願の認定を取ることができました!

レオン先生、講師の皆様、本当にありがとうございました!

Biz.Improve代表 小野眸

____

通訳案内士合格(1年)IDさん

英語を習うのに大切なことは、誰に習うか、だと思います。先生のおかげで学習を続けられているし、参加当時と比べて英語も上手くなっていると実感しています。

良い点は3つ

1、それ以上教えたら英語への興味を失ってしまうであろう境界線を引くのがうまい。

2、ほぼ純ジャパなので、わからない人に寄り添うことができる。名前は「礼恩(レオン)」ですが、日本生まれ日本育ちで留学経験があるもののそれも30になってからだそうです。なのに発音が素晴らしく、聴いてて心地よいです。帰国子女でもなく、留学経験もない私のような学習者に寄り添うことができます。

3、自身が日々研鑽している。

英語の勉強会や指導法のセミナーに参加したり、スピーキング大会に出場したりして自身の研鑽を続けていることです。さらに高みを目指している姿に刺激を受けます。

最後にもう一つ大事なところは、ユーモアを持ち合わせているところです。英語を喋る緊張をほぐしてくれるし、本当におすすめの先生です。

「1日15分で英語が話せるCDブック(あさ出版)」も出されていて、こちらもオススメです。

___

自己紹介もできない→一人で渡米してスパルタンレースに参加(3ヶ月)SAさん

英語は怪我をしないスポーツだ、才能なんて関係ない、ということを教えてくれたのがパン屋の英会話教室Leon でした!

レッスンはトレーニングが中心で最初はちょっと大変かもしれません。世の中には聞き流すだけ、マンツーマンでとにかくできるようになど、いろいろありますが、トレーニング抜きで上手くなることはありません。

本当に英語が話せるようになる方法とマインドが学べるスクールです。

先生自身ももともと英語が苦手だったこともあり、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

適度なゆるさもあり、かれこれ半年通っています(※注、書いてもらった当時)

他で挫折した方、もう歳だから無理、など思っている方には特にお勧めいたします!

___

2022/4月 海外出張・海外移住でしゃべれる自分を実感

全く初心者の状態から、海外移住、海外出張で以前よりも英語コミュニケーションができるように(初めて約6ヶ月)

IMさん、EYさん

1、2人とも半年前より、相手の英語が聞こえて理解できるようになった

2、IMさんはかなり流暢さが上がり、現地でのコミュニケーションは全てアプリに頼らず英語でできるようになった

3、二人ともよく海外にいくので学習への動機付けが強い(IMさんは移住)

4、要はこれだ、ともう確信。二人とも「多聴」をやっている

5、多聴に加えて、IMさんは簡単な会話集の反復練習、EYさんは基礎文法を中心に授業では学習

6、これもめっちゃ大事と思いました。二人とも前向き!焦って伸ばそうとせず、自分のペースで気楽に楽しく続けている。すぐに伸びるわけないと分かっているので、地道にゆるゆる、伸びてないところで執拗にクヨクヨせず、できるようになったところを喜ぶポジティブさがある。

7、二人とも、学習管理などはせず、自分のペースでのびのびとやってもらった。

やはり「聞き流しメイン」「意図的な学習ちょっと」「ポジティブさ」

この3つだと思いました。

※校長所感

___

TOEIC735点→785点(3ヶ月)NAさん

毎週のレッスンはいいペースメーカーですし、勉強習慣の維持とモチベーションアップにすごくありがたい存在です。

がっつり学ぶというよりは、モチベーションアップを期待して、授業を受けています。毎週のレッスンが楽しいので、これがなかったら多分、ストイックな勉強は続かなかったと思う。

___

TOEIC695→820→870点 目標の800点を超える(6ヶ月) Kさん

リスニングを勉強するとリーディングが下がり、逆も然り、を繰り返していたKさん。やったことは

・金のフレーズをちょこちょこ(リーディングは400点取れることもあるので、すでに単語力はあると判断し、そんなには力を入れず。ただ、本人が単語力に不安を感じるとおっしゃっているので、全くなくすことはせず)」

・公式問題集の問題を解いてから、解答部分をシャドーイング。反復よりも、先に行くテンポの良さと「量」を重視

そりゃできる練習全てやるのがベストですけど、社会人なのでそれは無理。

現実的な範囲で、これくらいやれば伸びるだろう、というセカンドベストを探った結果、このような学習スケジュールを二人で立てました。

その中でも「多聴多読」は間違いなく伸びますし、SLA(第二言語習得論)とも合致しています。

※校長所感

___

TOEIC620-725点(4ヶ月)GAさん

7/24に受験しましたTOEICの結果が、725点でした。(2022年)

目標の730点まで届かず残念だったのですが、伸び悩んでしたリーディングが300点を超えることができ、とてもうれしいです。

先生にご指導いただきましてから、点数が伸びております。

 

本当にありがとうございます。

___

※番外編 Kidsレッスン SIくん小4 英検5級合格

オジサンの心を持っていれば女性も若者も参加可能な男塾!英会話コース。

とはいえ、基本的にキッズレッスンはやらないのですが、番外編的にお教えしました。

英検4、5級は正直、読めれば合格できるテストなのですが、まず読むこと自体が小学生だと難しい。さりとて、フォニックスばかりをやっても飽きてしまいます。

とても耳が良い生徒さんなので、あえて嫌になりそうな文字を読めるようになる練習は少しにし、得意な音読を中心に進めて、文法問題なども控えめにしました。

自己肯定感が大切なので、無理なことはせず、得意なところを中心にしながら、反復よりも基本は「量(多聴)」を多めにし、過去問を3、4台は一通りやって数回反復した状態にしたところ、5級は1発で突破できました。

本人にとって負担にならないように教える、これは子供も大人も一緒だと実感しました。

※校長所感

___


メディア実績

様々なホームページでもパン屋の英会話教室Leonが紹介されております。

是非、そちらの評価などもご参考にしてください。

 

「みんなの英語広場・パン屋の英会話教室Leon の体験レッスン体験記」(具体的なレッスン内容が見られます)

「レスナビ」

「ライフハッカーにて校長著作紹介される」

「秋葉原でおすすめの面白い英会話8選」

【完全保存版】秋葉原ならでは絶対おすすめ!英会話スクール6選~失敗したくない人限定~

★「1日15分で話せるCDブック著者として、インターネット番組今3時そうねだいたいね!出演時」


校長略歴

Toeic950(リスニング満点) E-Cat 98点(100点中)
発音検定指導者レベル   参議院会館通訳 Asean大使館通訳
Californiaレーズン協会通訳経験
大手企業研修
1日15分で英語が話せるCDブック出版。
J-WAVE 澤井製薬Sound Clinick出演
英語講師歴20年1980年生まれ。

レオンは本名ですが埼玉生まれ埼玉育ち。
塾講師を10年やってNYコロンビア大学
ALPコースに留学。
まさかの英語が全くしゃべれない!という経験から、
本当に使える英会話力を今度は社会人に教えるべく、
2013年秋葉原にパン屋の英会話教室Leon開校。
大手スクール激戦区の秋葉原において、
今年個人塾ながら10年目を迎える。


追伸

実はこの「男塾英会話コース」というのは

生徒さんで、同じく自由人系おじさん経営者の方が

提案してくれたものでした。

 

コロナ禍は教室を駅近で構えていた(秋葉原・末広町)

私たちにとって、相当な打撃でした。

しかも、私の予想していたよりも長引いたので

割と立地条件だけで楽に集客できていた教室も

2023年には手放さざるを得なくなり

しばらくは、生徒さんの知り合いのオフィスの一角を

間借りしていたりしました。

 

教室ビジネスって結局は「立地」なんですよね。

そこにあぐらをかき、2013から2020まで

丼勘定でやっていてもなんとかなっていたのです。

 

でもそれだと、危機の時は全くだめでしたね。

どんどん経営状態は悪くなり、

また、マーケティングなども真剣に学んだことがないため

苦労など一切したことなかったかに見えた我が人生が

初めて、大きな落とし穴に落ちてしまいました。

 

そんな時、周りもどんどん冷たくなるものですが

その生徒さんは温かく(といか面白がって?)

そばで見ていてくれて、励ましてくれる方でした。

 

先生はなんとかなるよ、と。

 

どん底になると、自分を見直しますよね。

金に詰まって借金も積み上がる(しかも設備投資など前向きなものではないですからね)

請求書・督促電話の嵐になると、楽天的な私も流石に落ち込みました。

 

自分がなんて無力な存在なのか、本当に I’m nothing (自分は無価値だ)

心よりそう思った時、唯一心の拠り所になったのが

 

「レッスンをしている時」だけでした。

 

この時だけは、終わった時に人が感謝してくれることもあるし

唯一、自分がちゃんとお金をとってできること

22年間やっていますし、商業出版もし通訳や大手企業研修もやりました。

 

結局、ギリギリでなんとかつぶれずにどうやらコロナ禍も

満身創痍ながら生き残れたようなのも

結局、自分は、これだけはちゃんとやってきたからなんですね。

 

もちろん、100点だったとはとてもいえません。

大いなる反省も多々ありますが、

それでも、今でもどんな二日酔いでも

自分の英語学習は欠かすことがありません。

 

もうレオンさんには何も期待してないから・・・

と、ぼそっと言った妻も、この点だけは認めてくれている(はず。多分)

と思います。

 

じゃぁ、なんでこれだけはやってきたのか。

英語の仕事だけは続けてきたのか?

 

まぁ、詰まるところ、ここに行き着くと思ったのが

「楽しい」んですよ。

 

英語の学習自体も楽しいし

教えていても、やっぱり面白いし

(そりゃ毎回ウキウキしてたまらない!なんてことはないですよ)

また、英語で外国人と話せるのもやっぱり楽しいし

 

いやーーーーなことがあってへこんでいても

駅でちょろっと困っている外国人を英語でスムーズに手助けできると

英語やってよかったなぁ、なんて、小さな自己満足にもひたれます。

 

そう、英語って、楽しいんですよ!

 

自由人系おじさん経営者の皆さんは、

ただでさえ、妙なコミュニケーション能力が高いと思います。

ですから、そこそこでもしゃべれるようになれば

かなり、人生が楽しくなること請け合いです!

 

男塾英会話、を考えてくれた生徒さんも

前よりもしゃべれるようになり、東南アジアでビジネス進出を果たし

とても楽しそうです。

 

フィーバーしてるのも楽しそうですが

でも、フラっと田舎町の居酒屋屋台に立ち寄って瓶ビールを飲み

英語で現地の人と話す

 

これって、かなりの小さな幸せではないでしょうか?

 

長々と書いてしまいましたが

 

英語はできると「楽しい」です!

そして、私自身、この「芸」に何とか救われていると思っています。

もちろん、経営者でもありますから、そこはもっとシビアに

回復から成長までつなげたいものですが

 

そんな話などもしながら、皆様の

英語学習のお手伝いを、長い期間にわたってできたら

スタッフ一同、とても嬉しく思います!

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩


22年やってわかった、英語を確実に伸ばす2つの方法

まぁこんなこと言っちゃなんですが・・・

 

英語は伸びない可能性の方が断然高いっす。

 

もちろん、それは自分の不徳の致すところ(英語の先生として)

 

ってのもあるでしょうが、ぶっちゃけ、世の中の英語スクール、予備校、塾

 

ほとんどそうだと思います。

 

そんな中、これは伸びたなぁ、ってのは2パターンですね。

 

 

1、英会話プリズン形式

 

刑務所のように、もうその時間強制的に

本来「自習でやるべきこと」

を一緒にやらせてしまうことです。

 

ダイエットだって、刑務所に入れられて

強制的に健康的なものばっか食べさせられたら

絶対に痩せますよね。

 

人間的じゃないって?

でも、この方法はとても有効です。

 

 

2、交換日記を続ける

 

英語は外国人と話しているだけでは思ったより上達しないんです。

「自習」

だけが、英会話を本当に上達させます。

 

英語は99%一人の時に上達します。

その「自習」を続けるために、とっても有効なのが

 

「記録」

 

個人的にみてきた中では、結局

「手書き」

が有効だと思いますね〜

 

 

ま、そんな具合に、

 

1、プリズンスタイル

2、交換日記を先生と続ける

 

この2つは、なかなか伸びづらい英語学習において

結果がでた2つですね!

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩

____

パン屋の英会話教室Leon 公式LINEにて、単語暗記音源送ってます!

無料セミナーのご案内などもしてますので、良かったら是非登録してみてください!

もちろん、無料です!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE

ご登録はこちらから!

https://lin.ee/ehLNSmO

こういう生徒さんはちょっと困った・・・というパターン

それは「他責」です。

 

もちろん、こちらもお金を取りますので

「金払ったんだから、さぁ、私の英語を伸ばしてよ!」

って気持ちはすごくよくわかるのですが・・・

 

これって、歯医者さんに通う患者さんと似たところがあります。

口腔ケアの8−9割は、自分の責任なんですよ

 

厳しいことを言うようですが、結局、英語も何かの薬を飲めば自動で思っていることを英語で言えるようになる

なんて技術がまだない以上

英語学習は、学習者の皆さんがご自身でやってもらうしかないのです。

 

金払ったんだからなんとかしてよ!

という方は、もちろん私たちは大人向けにお教えしてきたので、少数でしたが、その方達に不思議と共通するのが

こっちのアドバイスもほとんど聞かないのです。

 

私個人の方針として、本人が嫌なことは押し付けない。

頑張っていることを否定しない(それ意味ないよ、など言わない。そこは上から一刀両断するのではなく、ちゃんと話し合う)

 

そうやって積極的にご本人が取り組む学習を長い目でサポートして差し上げる。

生徒さんには、こちらのサービスを「上手く利用」して欲しいんです。

 

私は酒飲みですし、だいぶいい加減な人間ですが、英語学習に関してだけは自分も取り組みましたし、クラス授業ではなくほとんどマンツーマン、少人数クラスで21年間教えてきました。

埼玉生まれ埼玉育ち、留学も30超えて1年だけ、という割には通訳の仕事などもしていますし、今でも英語の学習をコツコツ続けていて英語はまぁ、そこそこには上手い方といって良いと思います。

自身が学習する、という覚悟がある方にとっては、きっと「使える」やつだと思います。

 

私たちは「叱らない」をモットーにしています。

というと、よくクスッと笑われますが、いや、英語好きで熱心な先生って、意外と生徒さんを厳しく叱ったしまうんですよ。

 

私はそういうのが嫌いなのですが、ただ、学んでもらう側にも、他責にせず自分が能動的に学ぶんだ、という姿勢がないとこれでは中々上手くいかないものです。

英会話は、本当に98%一人の時の伸びる

そういうものなのです。

 

外国人と話していれば自然とうまくなる、という方法だと膨大な時間がかかります。

子供ですら、まともに話し始めるのって、10歳くらいからではないでしょうか?

 

能動的に学ぶという姿勢で、是非とも我々を「うまく利用」してください。

 

TOEICってやってもしゃべれないじゃん!に対する反論

TOEICってしゃべれないじゃないですか。

と何度言われたかわかりません。でもですね…

 

TOEICって700-800点取ってやっと「基礎が完成」

だからしゃべれないのであって、TOEIC500点くらいしか取れないけど英語話すのはめちゃ上手い!なんて人見たことないですね。

 

また、TOEICは私の話したい英語じゃない,ってのも良く聞きますが、invoice, discuss, water faucet, hallway, fill out とかって、何かのジャンルに特化した語というよりも、日常生活に出てくる英単語なのでは?

 

多分ビジネスの英語、というイメージからそう想像してるんだろうけど、そもそもビジネス英語なんてあるのか?と少し疑問にも思ってます。

結局「話せれば」ビジネス出来るわけだし、細かいニュアンスなんかよりもっと大事なのは「attitude(態度)」

 

たとえば、That’s too bad はちょっと軽い、とはいえ心から相手の悪い状況を悼む表情、しぐさ、声のトーンでいえば,それを失礼だなんて思う人はほとんどいないでしょう。

 

むしろちゃんとしたビジネス英語は、TOEICで高得点取って「基礎ができてから」学んだ方が効率良くないでしょうか?

僕なんかいまだに To whom it may concern 、ググらないと自信ないですし、基礎もできていない時にそんな長ったらしい英語やwouldだのcouldだの使いこなせるとは思いません。

 

TOEIC?文法でしょ?と言われることもあります。

でも文法問題はたったの15%。

 

TOEICは「速読力の基礎」がつけられるテストです。

速読力,めっちゃ大事ですよ。リスニングも読めないものは聞こえないですし。

 

初心者があれだけの量の英語を2時間聞いて読んで、設問に8割答えられるようになったら、そりゃ間違いなく「あ、英語なんとかできるかも」って光明見えますよ。

しかもやってみると,意外と誰でも出来るものです。

 

そうなったら、もっと正確さを追求したり、動画見たり新聞読んだり外国人の恋人作ったり、が有効になってきます。

ネイティブと会話し始めるのも、こうやってある程度上達してからが良い、という外国語上級者のアドバイスもしばしば目にします。

 

つまり、TOEIC高得点は、キッズリターンでいうところの「まだ始まってもいねーよ」

これから楽しくやれるのです。

 

もちろんTOEICだけが基礎をつける道ではないけども、どの道基礎がないといつまでも語学は苦痛なんだし、そう思えば履歴書にも書けるし、毎月やってるのでTOEICをまずは半年から一年くらいでなんとかしてしまうのが良い、と僕は思います。

60超えた父でも1年で海外研修、英語でコンサルができるようになった方法

父はパン屋であり、従業員もそこそこ抱え、カリフォルニアレーズン協会など海外のコンサルタント(商品開発や運営など)もしていました。

 

若い頃から努力家で、英字新聞が一番安上がりで、効果のある学習法だ、と聞くと辞書を引きながらほぼ毎朝かかさずに読む。

そんな父でしたが、ところが、実際の英語力はどうか?

というと、なかなか上がらず、といったところでした。

 

2012年、1年のアメリカ留学から帰ってきて、どうせ暇なら、英語を教えてみないか?

と言われ、週に3回ほど、集中的に英語を教えました。

 

そうして、1年ほどで、海外の案件も一人だけで通訳なしで問題なくできるようになったのです。

 

まずお伝えしないといけないのは、ものすごくペラペラになった、というわけではありません。

そもそも私(パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩)自体、もう21年英語を教え、12年前にはアメリカ留学もし、通訳などもやってはいますが

だからと言って、ネイティブと間違われるほどしゃべれる、というわけではないのです。

 

大人になってから外国語をやるときに大事なポイントは

「大人になってしまったら、ネイティブになることはない」

これはとっても大切なことです。

 

例えば、他の言語を学んだとして、そこまで完璧を目指すでしょうか?

ちょっとしゃべれたら、絶対に褒められるはずです。

それで満足するのに、こと英語になると何故かみんな、自分への点数が辛くなりネイティブレベルを目指したくなってしまうのです。

 

もう一度言いますが、どんなに頑張ってもネイティブレベルにはなれません。

でも、英語で意思疎通ができて、仕事もできれば、そのあと楽しく飲みに行ったりできますし

このレベルには十分になれます。

 

父も1年ほどでそのレベルに達しました(実質僕が週3で教えたのは3ヶ月ほど、あとは10日に一度ほど、英語で会話したり学習法に少しアドバイスするくらいでした)

 

じゃぁ、何をやったら、何十年も独学で英字新聞をコツコツやっても一向に上手くならなかった英語が上達したのか?

 

「英語の基礎文法」

 

これに尽きます。

 

英語は語順の言語なので、それを間違うと驚くくらいに通じないのです。

とはいえ、ここは集中すれば3ヶ月もあれば十分マスターできます。

 

ゆるゆるやっても半年

一年あれば、めちゃくちゃ余裕です。

 

こちらに語順に関する英文法(会話のために必要最低限にまで削った英文法)をまとめてあるので、良かったらクリックして読み流してみてください。

 

何事も、基礎がないといつまでも、つまづいたままです。

 

外国語を「しゃべれるようになる」には(これって大事ですよね?点数だけ取れてしゃべれないのは辛い)

 

「その言語が何を言っているのか理解する」

ことの繰り返しでしかありません。

 

それだけ?って思うかもしれませんが、本当に、要はこれをたくさんやるだけです。

ところが、その「理解する」が、基礎文法が怪しいままだと、いつまでも単語からなんとなく類推するだけで、正確に「理解する」ことができないのです。

 

文章が長くなると特にお手上げです。

 

私自身、英語が苦手で大学受験を3浪もしましたが、やっと念願の早大に合格できたきっかけは、間違いなく

「語順に関する英文法」

をちゃんと学んだからです。

 

そこから、暗号の羅列にしか見えなかった英語が、ちゃんとクリアに形となって見えてくるようになりました。

大人になってから、英会話に取り組むならば、まずは「語順に関する英文法」をやってしまうことを強くお勧めします。

間違うと通じない英文法に特化!ざっくり英文法 1−26

間違うと通じない英文法に特化!ざっくり英文法 1−26

まずは3回通読してみよう!

 

間違うと通じない英文法とは?

※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている

パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、

聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE

 https://lin.ee/LA0hb12L

 

 

ざっくり英文法 0 初めに

ざっくり英文法 1 SVO

ざっくり英文法 2 SVO 場所・時

ざっくり英文法 3肯定文、否定文、疑問文

ざっくり英文法 4  疑問詞 5W1H

ざっくり英文法 5 Be動詞

ざっくり英文法 6 Be動詞と一般動詞(Do Verb)

ざっくり英文法 7 三人称単数

ざっくり英文法 8 助動詞その1 ルールなど

ざっくり英文法 9 助動詞その2 mustなど

ざっくり英文法 10 助動詞その3 willなど

ざっくり英文法 11 助動詞その4 have to など

ざっくり英文法 12 過去形

ざっくり英文法 13 現在進行形

ざっくり英文法 14 過去進行形

ざっくり英文法 15 等位接続詞

ざっくり英文法 16 従位接続詞

ざっくり英文法 17 受け身

ざっくり英文法 18  5文型

ざっくり英文法 19 完了形

ざっくり英文法 20 TO不定詞

ざっくり英文法 21 動名詞

ざっくり英文法 22 分詞・分詞構文

ざっくり英文法 23 関係詞

ざっくり英文法 24 比較

ざっくり英文法 25 仮定法

ざっくり英文法 26 That, WH 名詞節

 

ざっくり英文法 26

26, that名詞節(「~ということ」のthat)とWh名詞節

 

さて、たくさんあった文法項目も残り1つです!

ここではthatや疑問詞の後ろが名詞節になるパターンについて説明します。

 

【「~ということ」のthat】

「~ということ」のthatについて説明します。

まずは以下の例文を見てください。

 

※ここではわかりやすいように、名詞節は<>でくくり、

名詞節内の品詞分解は赤にしてあります。

 

I know that <he has the key>. 私は彼がカギを持っていることを知っている。

(S) (V)   (O)    (S) (V)    (O)

 

上記のようにthatの後ろにSVの節が続いています。このSVの節は名詞節で、that以下は「~ということ」という意味になります。ここでは「彼がカギを持っていること」と、that以下がひとくくりにされています。また、このthatは省略もできます。

 

I hope <he is (still) alive>.

(S) (V)    (S) (V)      (C)

彼がまだ生きていることを望む。

 

また、下の例のようにメインの節がSVOOの場合も使えます。

 

He advised me that <I should break up (with my girlfriend)>.

(S)    (V)   (O)  (O)  (S)  (助)   (V)

彼は私に、彼女と別れたほうがいいとアドバイスした。

 

※もしTOEICを受ける予定ならば、上記のような「忠告や提案をするときのthat名詞節内の動詞は必ず原型になる」ということも覚えておくといいです。頻出なので。

 

さて、that以下の名詞節の文が、欠けているところのない完全な文であることに注目してください。下で説明するWh名詞節の場合も名詞節をくくるはたらきがありますが、thatと違うのは名詞節の部分に欠けている部分が出てくることです。

 

【Wh名詞節】

ここでは、会話の中でよく使われるWh名詞節について説明します。といっても上記の「~ということ」のthatと同じで、What/Who/Howなどの疑問詞以下が名詞節になる文のことです。

 

Do <what you love>. あなたが好きなことをしなさい。

(V)    (O) (S)  (V)

 

さて、Wh名詞節と「~ということ」のthatの違いですが、Wh名詞節の場合、名詞節内を見たときに欠けている部分があることに注目してください。上の例では目的語が欠けています。じつは、考え方としては、以下のように分解できます。

 

Do the thing [which you love].

(V)    (O)       (S)  (V)

 

つまり、the thing which(先行詞+関係代名詞)をまとめてwhatにしているわけですね。

この場合は関係代名詞の目的格になるので、Wh以降に目的語が欠けているのです。

先行詞が無くなると「先行詞(名詞)を修飾する」という形にならず、名詞節になります。

 

以下は関係代名詞の主格を省略し、Wh名詞節になった例です。

 

Choose <who loves you (more)>. あなたをより愛してくれる人を選びなさい。

(V)      (O)  (V)  (O)

 

名詞節内に主語Sが無いことに注目してください。分解するとこうなります。

Choose the one [who loves you (more)].

(V)      (O)          (V)  (O)

 

下の例は「~ということ」のthatとWh名詞節両方使った例です。

 

<What I want to say> is <he is innocent>.

(S)  (S)  (V)   (O)   (V)  (S) (V)   (C)

私が言いたいことは、彼が無実だということです。

 

「~ということ」のthatとWh名詞節の違いについて理解できましたか?

非常に使い勝手のいい表現なので、ぜひマスターしましょう!

 

さて長々と続いてきたこのテキストももうおしまいです。

少しでも皆様の英語学習に役立てば幸いです。

 

また、理解したら今度は音読の量をこなせばこなすほど上達します。

音読にはぜひ、パン屋の英会話アプリをお使いくださいませ。

 

ここまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

jobitaki

 

※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている
パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、
聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE
→ https://lin.ee/LA0hb12L

 

 

ざっくり英文法入門 25

25, 仮定法

仮定法といえば以下の文を思い出します。

“I wish I were a bird.” 「もしも私が鳥だったらなあ」

これは大体の教科書・参考書にのっていたような気がします。懐かしいですね。

さて、仮定法の基本の文ですが、以下の例を見てください。

 

 

If I were rich, I would eat a big beef steak (for every meal).

(S) (V)  (C)  (S)(助)    (V)        (O)

もし僕がお金持ちだったら、毎食でっかいステーキを食べるのに

 

上の文を本気で言っているやつがいたら友達になりたいですね。頭良くないけど絶対いいやつです。さて、若干話が脱線しましたが、まず仮定法の基本です。

 

 

【仮定法の基本】

「If S 過去形,  S 助動詞の過去形 V」とか学校でやったのではないでしょうか。

わかり辛いっすよね。正直。丸覚えしても3日で忘れそうです。

 

先ほどの例、英文ではなく日本語訳を見てみましょう。

「もし僕がお金持ちだったら、毎食でっかいステーキを食べるのに」

If I were rich, I would eat a big beef steak (for every meal).

(S) (V)  (C)  (S)(助)    (V)        (O)

 

そう、何かを仮定するときには、日本語でも過去の言い回しなのです。

「もし~だったら」をそのまま”If S 過去形”に当てはめられますね。

ちなみにこのIf節の動詞がbe動詞の場合、主語にかかわらずwereを使います。

なぜかは自分にもよくわかりません。誰か知ってる人教えてください。

 

さて、後ろの「毎食でっかいステーキを食べるのに」の部分ですが、まず仮定法の助動詞について説明します。この部分で使われているの助動詞の過去形(would /could/might)は、「仮定」の意味です。

 

ありえないことに対し、「” would” ~するだろうに」「”could” ~できるだろうに」「”might” ~するかもしれないのに」という意味を表しています。微妙なニュアンスの違いがありますが、面倒くさかったら常に”would”でいいと思います。

 

 

【過去ことを表す仮定法(仮定法過去完了)】

仮定法で過去のことを表す場合は、仮定法の時制を一つ下げればいいのです。

 

現在の仮定法は「If S 過去形,  S 助動詞の過去形 V」なので、

過去の仮定法は「If S had過去分詞,  S 助動詞の過去形 have V」になりますね。

 

If I had enough talent, I could have passed the audition.

(S) (V)       (O)       (S)(助)       (V)           (O)

もし私に十分な才能があったら、オーディションに受かっていたはずなのに。

 

 

【条件のIf節との違い】

条件のif節では現実にあり得ることを言いますが、仮定法のif節では現実にあり得ない、可能性が0%に近いことを言います。

 

以下は普通のif節ですが、”君がもしパーティに来られたら”というのは来られる可能性を含んだ言い方(来られるかもしれないし、来れないかもしれない)ですね。仮定法のif節との違いを認識しましょう。

 

If you can come to the party, I will introduce you to everybody.

「もし君がパーティに来られるなら、僕が君をみんなに紹介するよ。」

 

 

【wishとhope】

さて、冒頭に”I wish I were a bird”の例を挙げました。

これも仮定法の一つです。

 

wishは「~を望む」という意味ですが、同じような意味の動詞にhopeがあります。

しかしwishは仮定法で使えますが、hopeは使えません。何故でしょうか。

 

wishは実現不可能なことを望む表現です。

 

冒頭の「鳥だったらなあ」の例に関しては、人は鳥になれないという現実があります。

一方hopeは実現可能なことに対して「~だったらなあ」という希望を表しています。

 

たとえば偏差値30の人が東大を受験して「受かったらなあ」だったら

(1)I wish I could pass the exam for entrance to Tokyo University.

「東大に受かったらなあ(絶対受からないだろうけど)」

 

偏差値70の人が東大を受験して「受かったらなあ」だったら

(2)I hope I will pass the exam for entrance to Tokyo University.

「東大受かるといいなあ」

 

となるわけですね。この差は仮定法のIfと条件のIfの違いそのままです。

仮定法では現実にありえないことを表すわけです。

 

※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている
パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、
聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE
→ https://lin.ee/LA0hb12L

 

ざっくり英文法入門 24

24, 比較

 

原級・比較級・最上級などみなさん中学高校でやったのではないでしょうか。

思い出しつつ、やっていきましょう。

 

【比較級】

比較級は、2つのものや人を比べる方法です。

 

He is taller (than me). 彼は私より背が高い

(S) (V)  (C)

 

シンプルですね。「彼は背が高い」だけならば”He is tall.”という文になりますが、(この元の文を原級といいます)「わたしより」と何かと比較したい時は、形容詞tallを比較級tallerにします。その後ろに「than 比較対象」を置けば、比較級の完成です。

 

さて、比較級の作り方についてざっくり説明します。パターンは以下の3つです。

 

  • r/erを後ろに付ける tall⇒taller high⇒higher nice⇒nicer など
  • 前にmoreをつける more beautiful more interesting more difficult など
  • 不規則に変化する good, well⇒better bad⇒worse many, much⇒more など

 

1は短い単語の時、2は長い単語の時です。3は覚えるしか無いですね。

 

さて、下の例ではどうでしょう。比較級になる前の文を考えてみて下さい。

Mr. Trump has more money (than me). トランプ氏は私より多くのお金を持っている。

(S)       (V)      (O)

 

“Mr. Trump has much money.” ですね。

名詞にくっついた形容詞muchがそのまま比較級moreに変わっています。

次に口語でもよく使われる比較級を見ていきます。

 

He was stronger (than I thought). やつは俺が思っていたより強かった

(S)  (V)   (C)           (S)   (V)

 

than SVの形ですね。thanは副詞節を導く接続詞なので、こういう使い方もできます。

 

【最上級】

最上級は「~の中で一番OO」という表現です。

2つ以上のものを比べるときは、比較級ではなく最上級を使います。

 

Baba san is the tallest (in this class).

(S)    (V)   (C)

馬場さんはクラスの中で最も背が高い。

 

Downtown is the most popular comedy duo (in Japan).

(S)     (V)               (C)

ダウンタウンは日本で一番人気のあるお笑いコンビです。

 

文中の形容詞や副詞の部分を「the+最上級」に変えれば作ることができます。上の例の” in this class”ように、「どこまでの範囲の中で一番OOか」を付け加えることが多いです。

 

比較級の作り方についてざっくり説明します。パターンは以下の3つです。

 

1、estを後ろに付ける tall⇒tallest  high⇒highest  nice⇒nicest など

2、前にmostをつける most beautiful  most interesting  most difficult など

3、不規則に変化する good, well⇒best bad⇒worst many, much⇒most など

 

比較級と同じく、1は短い単語の時、2は長い単語の時です。3は覚えるしか無いです。

さて、口語でよく使うのが以下の表現です。

 

This is the best OO ever!

「今までで最高のOOだ!」⇒つまり、「こんないいOO初めてだよ」ってことです

 

例えば以下のように使います。何かに心から感動したら、ぜひ使ってみてください。

※口癖のようにしょっちゅう使っていると信用されなくなるので注意してください!

 

This is the best song ever!  今までで最高の曲だ(こんないい曲聞いたことないよ)

This is the best Sushi ever! 今までで最高の寿司だ(こんなうまい寿司食ったことないよ)

This is the best birthday ever!  今までで最高の誕生日だよ!

 

さて、比較級と最上級について学んできました。

最後に同級についてちょっと説明します。

【同級】

中学高校で「比較」の項で一番最初にやるのがこの同級ですね。

「A is as 形容詞/副詞 as B」で、「Aと同じくらいB」という意味になります。

 

Tom is as tall (as Satoshi).

(S)  (V) (C)

トムはサトシと同じくらい背が高い。

 

“~times as … as“で「何倍~」という表現もできます。

 

Tom is 100 times as smart as me.

(S)  (V)     (C)

トムは僕より100倍頭いいよ。

 

ただ、上記のような使い方ってあまりしないです。

~timesの使い方も、以下のように比較級を使うことが多い気がします。

“Tom is 100 times smarter than me.”

 

同級でよく使う表現といえば、以下のような表現があります。

 

  • as soon as possible / as soon as S can 「可能な限り早く」

 

I will come to the office (as soon) (as possible).

(S) (助)    (V)       (C)

可能な限り早く出社します。

 

  • as much as possible / as much as S can 「可能な限り多く」

 

Im going to do (as much) (as I can).

(S)     (助)    (V)

できる限りがんばります。

※努力という意味では、”as hard as I can”「可能な限り努力する」を使ってもいいです。

 

上の二つは海外の方と話す際や、メールする際によく出てくるので紹介しました。

次は仮定法です。

かなり終盤に来ていますのであと一息、頑張りましょう!

 

※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている
パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、
聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE
→ https://lin.ee/LA0hb12L