日別アーカイブ: 2017年6月7日

音読の時は思いっきり集中する

音読が英会話のKey

心より、そう思っています。

「ちゃんとやれば」

英会話はスラスラと出てくるようになるのです。

言いたいことを、そんなに苦労することなく英語で言える時

ストレスをあまり感じずに、できる時。

本当に、気分が良いです。

ところが、それが自分でもできない時があります。

 

もうこれは共通しています。

 

「サボってしまった時」

です。

たった1日くらいはあれですが、しばらく放っておいてしまうと

「英語はテキメンにスラスラ出て来づらくなります」

 

筋トレと一緒で、やはり放っておくと衰えていってしまうものなのですね。

 

で、音読をまたしっかりとやって取り戻していくわけですが、

そうしてみて、

「効くトレーニング」

と、そうではないものがあることに気がつきます。

 

どんなものが意味ないのか?

というと、

「ただただ音声をなぞっているのみ」

 

これだと

「全然、脳に負荷がかかっていない」

わけです。

これじゃぁ、やっている割にあまり効果は期待できません。

 

やっぱり「集中力」がものすごく大切なわけです。

どう集中したら良いのか?

それは

「本当に誰かとそのセリフを」

そして、いいですか?

これが超重要ですよ!

「自分自身のセリフとして」

話している場面に

「なりきって」

練習するんです。

 

意味を理解していないといけないのはもちろん

それを、あたかも今、相手にいう

つまり

「感情になりきって」

伝える、そういう練習をしないといけません。

 

これが、電車に乗りながらできるでしょうか?

よっぽど他人を気にしない人じゃないと無理ですよね?

何もやらないよりはベストですが、、、

 

やっぱり、英語の音読練習も

「集中して、一人で机の上で自習すべき」

 

僕はそう思っています。

ながら勉強ももちろん否定はしません(ゼロが一番ダメですから)。

でもやっぱり、時間のある時などは

「集中して、なんだかんだ一人机の上で取り組んだ方が良いのだ」

ということは意識して、なんとかその時間を作るようにしてみることをお勧めします。

 

Leon

 

パン屋の英会話教室メルマガ

お得な英会話学習情報がいっぱい!

ご登録はこちらから

http://www.leonyokoyama.com/fcblog/2017/05/26/