動画や絵を使え!かなり単語が頭に入る方法!


ズボン

 

Trousers

 

って、簡単に覚えられますか?

 

でも、僕は多分、もうしばらくこれは忘れないと思います。

 

I got these for Christmas.

 

ズボンはとりあえず複数形で数えるんだなぁ、というのを頭に入ったのではなく、もはや僕のものとなってしまいました。「体得」できたのです。語彙力には、ぱっといつでも出てくるActive wordと読めばそういや、と思い出すNon-Active wordがあります。

 

これを単語帳とにらめっこして、沢山ならんだ単語から覚えようとしても、結構忘れてしまうと思います。Jeansなどはまだしも、Trousersなんて日本にいて聞くでしょうか?

 

そもそも言葉は、目の前にある「状況」を言葉で言い表しているはずです。

 

ただ目の前にならんだ文字だけをみても、そこにはノートや本に書いてある字があるだけ、いってしまえばパズルですよね。そこからTrousers(ズボン)を想像して定着させていくのは中々難しい。

 

じゃぁ、どうすりゃいいのか!

 

これも考えるより、やってみてください。

 

「動画」や「絵」と一緒にやるのです。そして、いつかは文字や音声の助けをかりずに言ってみる!(暗記)

 

文字から状況を想像するのではなく、目の前に広がる状況から文字をGetするのです。

 

この動画を何度かみれば、あなたももうTrousersといってしまうはず。

 

http://study.jr.naver.com/english/territory/view.nhn?age=P1&territory=T&step=&subject=&order=new&page=1&contentNo=1236

 

俺のTrousersはどこ!?と明日から口走る・・・かは知りませんが、有効です!特にBeginnerレベルにはとてもいいですね!

 

Leon

 

・・・・・・・・・・・・
★イベント情報★

英語教育の泰斗、斉藤淳先生は文法に関してはこのように著書の中で言っています。

 

「非ネイティブであるかぎり、英文の意味を何となく理解するだけでなく、文の構造も含めて正確に理解する力は、やはり必要」

 

僕もそう思います。必要ですし、大人になってからやるならばむしろ「近道」ではないでしょうか?

 

なんとなく意味をとっている限り、その上へはゼッタイにいけないと思います。

 

英語をなんとなくではなく、ちゃんと理解できる、そうなりたい方は是非、文法もしっかりとマスターするべきです。知ってる、だけではなく、自分のものにするのです。反射的に出てくるようにするべきです。

 

英語をちゃんと理解したい!!!

 

そんな方のために、今週末の11/15(土)

16:00-17:30 場所 パン屋の英会話教室Leon

「いつもなんとなく英文を読んでいるあなたのための文法講座」

を開催します。参加費は無料!

 

会員様はもちろん、会員様出ない方もご参加可能です!ご希望の方はご連絡ください。

 

03-3253-1900

info@leonyokoyama.com

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です