ざっくり英文法入門 4


※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている
パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、
聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE
→ https://lin.ee/LA0hb12L

 

4, 疑問詞

 

前回やった疑問文は、いわゆるClosed Questionというもので、Yes/Noで答えてほしいときの質問です。疑問詞を使うとOpen Questionという疑問文が作れます。Open Questionの疑問文は「いつ」「どこで」「だれが」「なぜ」「いくら」「どのくらい」「どっちの」のように、具体的な内容を答えてほしいときに使います。例を挙げてみます。

 

作り方はシンプルで、Closed Questionの疑問文の文頭に疑問詞を置くだけです。

答えるときは具体的に聞かれた内容を答えます。

品詞分解するときは、下線は引かず、疑問詞の後ろを/で区切ります。

 

When/ do you practice soccer? あなたはいつサッカーをしますか?

(S)    (V)      (O)

I practice it (after school). 放課後に練習します。

(S)   (V)   (O)

 

こんな感じですね。

ちなみに回答の際にsoccerがitに変わっています。

英語では前の文に出てきた単語を繰り返さないように、it(それ)などに置き換えます。

これを代名詞(前に出てきた名詞の代理なので「代名詞」)といいます。

 

【疑問詞の種類】

疑問詞は以下のようなものがあります。

 

When(いつ)Where(どこで)Who(誰が)Why(なぜ)Which(どちらの)What(何)

How(どのように)

 

いくつか例を挙げるので、品詞分解してみてください。

品詞分解できたら、声に出して読んでみてください。

 

 

Where do you play guitar? どこでギターを弾きますか?

I play it at the studio. スタジオで弾きます。

 

Why do you like natto? なぜ納豆が好きなんですか?

I like the smell of it. 匂いが好きです。

 

How do you get to school? どうやって学校に行きますか?

I get there by bus. バスで行きます。

 

What do you want? 何が欲しいですか?

I want new iPhone. 新型iPhoneが欲しいです。

 

 

【疑問詞主語】

さて、疑問詞を品詞分解する際は/で区切ると言いましたが、一部例外があります。それが疑問詞主語Whoです。疑問詞Whoは/で区切らず、主語になります。たとえば…

 

Who calls Mr. Blown? 誰がブラウンさんに電話しますか?

(S)    (V)      (O)

I do. 私がやります。

(S) (V)

 

動詞callにsが付いていますが、これは後々やる三人称単数というものです。

とりあえず今は、疑問詞主語のときは動詞にsが付くとざっくり覚えておいてください。

また、Whoの後ろも通常の疑問文と違い、VとOが続きます。

 

要するに、Whoは「誰」を聞く疑問詞なので、尋ねるときに文中の主語の部分が欠落してしまうのです。そんなわけで、文の中で疑問詞が主語として働くのですね。

 

 

【合わせ技の疑問詞】

疑問詞には合わせ技が各種存在します。

What kind of / What ○○ / Which○○ / How often / How much / How manyなどです。

これも例をあげましょう。

 

What kind of music/ do you like? どんな種類の音楽が好きですか?

(S)  (V)

I like rock music. ロックが好きです。

(S)(V)    (O)

 

といった感じで、通常の疑問詞と同じように品詞分解ができます。

以下に例文をいくつかのせるので、品詞分解と音読をしてみましょう。

 

What subject do you like? なんの教科が好きですか?

I like math. 数学が好きです。

 

Which do you prefer, cats or dogs? 犬か猫、どちらが好みですか?

I prefer cats. 猫派です

 

How often do you work out? どのくらいの頻度で筋トレしますか?

I do it 3 days a week. 週3でします。

 

 

さて疑問詞は以上になります。

これが使いこなせるようになると、英語での会話がグッと弾みます。

音読をして、使いこなせるように頑張りましょう!