ざっくり英文法入門 17


※ 英語の基礎単語を覚えたらさらに完璧!

単語暗記音源を日々送っている
パン屋の公式LINEを登録しよう!

もちろん無料、
聞き流してるだけでも単語をだんだん覚えていきます!

パン屋の英会話教室Leon 公式LINE
→ https://lin.ee/LA0hb12L

 

17, 受け身

 

今までの表現は、主語が「~する」という表現でした。

(能動態といいます)これに対し、受け身の表現「~される」という表現があります。

これを受動態といいます。

 

【受動態の文の作り方】

 

This garden is kept (by my grandmother). この庭は私の祖母によって手入れされている。

(S)          (V)

 

このように、動詞Vの部分がbe動詞+過去分詞になります。

また、”by~”で「○○によって~」の部分を担当します。

(by以外の前置詞が来ることもあり。後述します。)

 

 

【動詞の過去分詞形の作り方】

過去分詞の作り方ですが、過去形と同じ場合もありますし、別の場合もあります。これもひとつずつ気長に覚えていくしかないですね。分類をしてみると以下のような感じです。(原型-過去形-過去分詞)

 

(1)不規則に変化する場合

write-wrote-written / do-did-done / be-was(were)-been / see-saw-seen / など

 

(2)過去形と同じ場合

tell-told-told / keep-kept-kept / play-played-played /など

(過去形がd/edが付くタイプはこのタイプ)

 

また、原型-過去形-過去分詞が全て同じ動詞も存在します。

put-put-put / let-let-let / cut-cut-cut /など

 

こつこつ覚えていきましょう。

次は受動態の過去形について説明します。

 

 

 

【受動態の過去形】

これは簡単です。Be動詞の部分を過去形にすればよいのです。

 

This book was written (by her). この本は彼女によって書かれた。

(S)          (V)

 

こんな感じです。

ちなみにこの文を逆に普通の文(能動態)に戻すと、こうなります。

 

She wrote this book. 彼女がこの本を書いた。

(S)   (V)   (O)

 

普通の文(能動態)の目的語Oにあたる部分”this book”が、受動態の文では主語Sになっており、逆に普通の文(能動態)の主語Sにあたる部分”She”は受動態の文では”by her”となっています。これが、受動態と能動態の文の関係です。

 

【受動態の否定文・疑問文】

☆肯定文

He was dumped (by his girlfriend).  彼はガールフレンドに振られた。

(S)      (V)

※dumpは「捨てる」という意味で、受動態にすると捨てられる、つまり「振られる」です。

 

☆否定文

否定文ではbe動詞のうしろにnotを入れます。

 

He wasn’t dumped (by his girlfriend).  彼はガールフレンドに振られていない。

(S)       (V)

 

☆疑問文

疑問文では主語とbe動詞を入れ替えます。

 

Was he dumped (by his girlfriend)?  彼はガールフレンドに振られたの?

(S)   (V)

 

さらに、疑問詞と一緒に使うこともできます。

 

Why/ was he dumped (by his girlfriend)?  なんで彼はガールフレンドに振られたの?

(S)   (V)

 

さて、次にちょっとややこしい受動態の表現を見ていきましょう。

 

【特殊な受動態表現】

~からつくられている(~からできている)という意味を表すmade of / made fromについてはちょっとややこしいので、説明します。

 

(1)This desk is made (of woods). この机は木でできている。

(S)      (V)

 

(2)Wine is made (from grapes). ワインはぶどうからつくられている。

(S)    (V)

 

made ofは「材料・材質が変化していない時」に使います。

(1)の例は主語の”desk”「机」を考えた時に、木でできていることが見た目からわかると思います。なぜならその机には木の木目があって、触れば木の触り心地を感じるでしょう。

つまり、ぱっと見何で作られているかわかる状態なわけですね。

こういう時は”made of ~”を使います。

 

made fromは「材料・材質が変化している時」に使います。

(2)の例では主語の”wine”「ワイン」は、ぱっと見ではぶどうからできているか分からないですよね。紫キャベツのしぼり汁かもしれません。白ワインならさらにわかりづらいです。なぜなら、材料のぶどうが変化し、ワインになっているからです。このようにすでに見た目が変わって、材料・材質が変化しているときはmade fromを使います。

 

上記のように、前置詞の部分がby以外のこともあります。慣用句のようなものも沢山あるので、新しい表現を見つけたらその都度覚えていきましょう。