中高英文法2日間集中20時間講座


中高英文法2日間

集中20時間講座

 

中高の英文法が曖昧!でも文法の学習は嫌いなので、2日間だけ必死に頑張ってケリをつけたい!

 

こんなお悩みありませんか?

 

中高の英文法がそもそも怪しい。

やらないといけないことも、なんとなくわかってる。

 

でも・・・

 

文法の学習が嫌い!

 

お任せください!

 

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩は10年間

受験英語の塾講師をやっていました。

そしてニューヨークで全く話せない!という経験をしたわけですが

 

英語を「話せる」ようになるために必要な英文法を中心にお教えできますし、

英文法自体元塾講師なのでお教えすることが得意です。

 


20時間でマスターできるのか?

 

たいていのことは20時間で習得できる(著者・ジョシュカウフマン)

という本をご存知でしょうか?

 

怪しげなタイトルですが、よく読むと

 

「基礎が全くない状態から」

20時間意図的な集中練習をすれば(Deliberate Practice)

基礎ができるようになる、というメソッドです。

 

そして、私パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩も

それは可能だと確信しています。

 

何故なら、会話のために必要な英文法はそんなにたくさんはないからです。

 

大嫌いな英文法

人生の中のたった2日間、20時間だけ頑張って

ケリをつけてしまいませんか!?

 

ただし、ただ

漠然と座って20時間聞いてるだけでは、中高の英文法は身につきません。


この講座の3つの特徴

 

1、座って聴くだけではなく、参加型のレッスン

 

意図的な集中練習とは、要は知識を得たら

しっかりと反復練習をすることです。

 

これは一人ではなかなかできませんし、

また文法学習が嫌いなら尚更です。

 

でも、2日間だけなら思い切って頑張ってしまえるのではないでしょうか?

 

ですから、この講座にノートと筆記用具はマストです!

 

座って聴くだけではなく、集中的な練習を皆さんに2日間だけ実践してもらう講座です。(とはいえ20時間ありますが・・・)

 

 

2、会話に必要な基礎に特化して学びます。

 

英語は「語順の言語」です。

 

語順が間違っていると全然通じないですし

たとえ、DeepleやGoogle翻訳を使ってなんとかするにせよ

日本語と英語の語順の違いをしっかりわかっているといないでは

活用する際のスピードが全然違います。

 

単語を覚えただけではなんとかならないのは

英語が「語順の言語」だからです。

 

ただし、そんなに沢山覚えることはありません!

 

特に難しいのは、関係代名詞、分詞、To不定詞、従属接続詞あたりですので

その辺りも20時間あれば、2日でマスターできます。

 

終わった後には、疲労感もあるでしょうが、

英文法の全体をおぼろげながらでも、クリアに理解できるようになります。

 

そうなると、もっともっとうまく速くDeepleやGoogle翻訳が使えるようになりますよ!

 

3、流石に平日に10時間取るのは難しいと思うので、週末土日でやります

 

平日10時間を二日連続取るのは難しいと思うので、週末に集中的にやります。

また、余裕を持って募集を開始しますので、是非

 

この2日間だけは大嫌いな文法に思いっきり向き合って

ケリをつけてしまってください!

 


講座詳細

 

日時:9/24(土)9/25(日)9:00-20:00

(途中 1H 休み時間あり。10分休憩を1時間ごとに挟みます)

講師:パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩

場所:Online Zoomでの開催となります。

お持ち物:ノートとペンをお願いいたします。普通の紙でも大丈夫です。

費用:49,800円(税込)

 


早割特典!

 

今すぐお申し込みいただくと

49,800円 →  29,800円(税込)

にてご提供させていただきます!

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ!

お問い合わせ

 


最後に

 

私は、第一志望の大学に入るまで仮面浪人をし、3浪分して合格しました。

何故そうなったのか?

 

それは、英文法をアメリカ人は勉強してないはずだ

という理屈でずっと文法学習を避けてきたからです。

 

大人になったら、英文法を学ぶことは確実に「近道」です。

 

高校三年生で予備校に行った時、予備校室にて講師の方に

「何がわからないのかすらわからないんですけど、何からやったらいいですか?」

そう聞くと

「5文型だよ」

と言われ、それからしばらくは英文に5文型をつけて品詞分解すると、個人的に添削してくれました。

 

それを続けていればよかったものの、面倒になって、途中でやめてしまったのです。

 

今では、先生のおっしゃった「5文型だよ」がとてもよく分かります。

 

ニューヨークに留学していた時も、10年以上いてもカタコトの人は、この文法の基礎が抜けている方が多かったです。

 

繰り返しますが、大人になったら確実に「近道」です。

 

英語は語順の言語なので、ここが曖昧だと

 

→ ちょっと複雑になると通じない

→ちょっと長くなると意味が取れなくなる

→いつまでもカタコトとなるのです。

 

そして、一番お伝えしたいこと。

文法を学んだ方や、学校の先生も口を揃えていいます。

 

英会話に必要な最低限の文法項目は

実はそんなに多くありません。

 

なのにこれをいつまでも放っておくことで、英語に苦労し、なかなか上達しないのはちょっともったいないです。

 

大嫌いな英文法かもしれませんが、たった2日間だけ

頑張って、英文法にケリをつけてしまいませんか?

 

(20時間あるけど・・・)

 

英語はある程度喋れるんだけども、文法が怪しい、なんて方も大歓迎です。

 

余力があれば、オンライン飲み会なども、20時間終わった後にしたいですね!

 

終わってみれば、参加してよかったと思ってもらえると思います。

 

是非、文法嫌いだけど2日間なら頑張っても良い

そんな方、お待ちしております!

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩