やってない時ほど、教室を休まないべき


僕は子供の頃よりよく大人に叱られました

大人は、本気で怒っているのだろうか

それとも、教育上、本当は怒ってないけども

怒っているのか。

そんなことをよく思っていました。

 

ですので、怒られるのは基本的に嫌いです。

という心理が根底にあるために、色々と思ってしまうのです。

自分がやっていない時。

 

自分がやっていないで次のレッスンに行く時(昔の話ですが)

 

・かえって先生に迷惑になるので行かないべきでは

・失礼では

・次回ちゃんとやってから行くべきでは

・申し訳ないのでは

・ええい、もう面倒臭い

 

でもですね、アメリカにいる時

楽器の先生や語学の先生を評する言葉に

Patient(我慢強い)

というものがありました。

あの人は本当にPatientなんだよ

(だからすごく良い先生)

 

できない自分にキレないで、我慢して

根気よく付き合ってくれる。

 

ですので、基本的に宿題やってこないくらいで、

「怒る教師の方が間違っています」

 

人それぞれとはいえ、

僕はなんかそういうの嫌いですね。

よくわからない体育会の雰囲気。

殴らなければ、優秀なアスリートになれないのか?

散々そういう環境をくぐり抜けてきた桑田選手も

「そんなことない!」

と言い切っています。

 

それにそもそも、なんでスクールに通うのか?

英語を習うため?

効率よく知識を手に入れるため?

 

それもそうでしょうが・・・

「モチベーションを保つため」

これが大きいのではないでしょうか?

 

全然やれていない時こそ

なんらかの外部刺激でもう一度

「やる気スイッチ」

を押す必要があります。

 

そのやる気スイッチとは何か?

逆説的ですが

「やるとやる気がでるんですよ」

言い換えれば、

「やらないと、余計にやる気がなくなる」

やらなければやらないほど

どんどん、英語学習が嫌いになってきます。

 

そこをもう一度リセットするために英語教室がある。

 

そう考えても良いと思います。

お金払って教室に行っている以上

やってない時にこそ、勇気を出して

足を運んでみましょう!

 

Leon

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(セミナーのご案内)

「第2弾!秋葉原 de フィールドワーク」

大好評!秋葉原の外国人に三時間で話しかけられるようになるセミナー!

レクチャー プラス 実践

初心者の方歓迎!度胸と実践英会話力を鍛えましょう!

(詳細・イベントページ)

https://www.facebook.com/events/315039725575686/

お申し込みは leonyokoyama@gmail.com

もしくは、fbイベントページより、ご参加可能です!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パン屋の英会話教室Leon http://leonyokoyama.com/

校長Blog http://leonyokoyama.com/blog/

パン屋の英会話教室Leon Facebook Page 

https://www.facebook.com/BuranjurilYokoyamaYingHuiHuaJiaoShi

メルマガの登録解除はコチラから  https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=leonyokoyama

・・・・・・・・・・・・・

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩

〒1010021 東京都千代田区外神田43 ナカダイビル3F

0332531900