タグ別アーカイブ: 英会話、英語 学習法、英語 初心者、秋葉原 英会話、英語 文法

【米国ドラマシリーズ『エミリー、パリへ行く』を観て英語の勉強】

こんにちは、岩田です。

『エミリー、パリへ行く』、このドラマご存知ですか?

facebook上の「英語を楽しく学ぶコラム」でも触れましたが、本作は2020年10月よりNetflixで配信がスタートした米国のドラマシリーズ。オリジナルタイトルは「Emily in Paris」。

米シカゴで働いていたエミリーが、フランス・パリのマーケティング会社で職を手に入れ、憧れの海外生活を始めるといったもの。言葉や文化の違いなどでエミリーが葛藤する姿が描かれています。

パリの街並みの映像が美しく、これを観ると一刻もはやくパリに行きたくなります。

これはNetflixオリジナル作品で、字幕を英語にして観ることもできるので、作品が面白いだけでなく、英語の勉強をすることもできます。全10話、1話30分と長くないので気軽に見られるのも魅力です。

今回取り上げるのは、エミリーとフランス人同僚リュックの仕事に対する価値観の違いの会話から。


リュック:”I think the American have the wrong balance アメリカ人のバランスはよくない”

“You live to work 君たちは働くために生きてる”

“We work to live 僕たちは生きるために働く”

“Yes, it’s good to make money, but what you say is success, I say is punishment 稼ぐのは悪くないけど、成功を求めるのは何かの罰みたいだ”

エミリー:”But…I enjoy work… だけど、仕事が好きなの”

“and accomplishment. It makes me happy それに成功したら幸せでしょ”

リュック:”Work makes you happy? 仕事が幸せ?”

エミリー:”Yes. I mean, it’s…it’s…it’s why I’m here. For work だってここに来たのは仕事のためだもの”

“And look where it’s brought me. To this beautiful city しかも、こんなに美しい街だしね”

リュック:”Maybe you don’t know what it is to be happy 幸せとは何かわかってないんだね”

どちらも「なるほど〜」って感じですが、私は自分の望んだ職にありつけて、その仕事が充実していればこそプライベートも充実できると思う派です。

【オススメ書籍『見るだけで英語が話せるようになる なるほど! 英会話フレーズ』(重盛佳世・著/総合法令出版)】

こんにちは、岩田です。

数ある英語学習本の中で、著者の名前だけ見て買える、いわゆる「著者買い」できる本があります。それが重盛佳世さんの本たち。

何がいいかというと、

1. とにかく解説が丁寧
「この表現を知りたいのに!」とか、「これら表現のニュアンスの違いをもうちょっと説明してほしい」とか思っちゃう本が多いなか、重盛さんの本は本当にかゆいところに手が行き届いています。

2. それでいて本が分厚くない
丁寧に解説しているのですが、各ページに必要な情報は最低限に留めて、見やすさや、学習を継続できる量を重視しているところもグッときます。

3. コラムなどの内容が著者のイギリス留学&生活の実体験を描いているところ
お話も面白いですし、やっぱ、「実体験」が入ると説得力も増して、より頭にインプットできます。フレーズもただ網羅するのではなく、実生活で使えるもののみをピックアップしている感じです。

で、今回の『見るだけで英語が話せるようになる なるほど! 英会話フレーズ』。

「はじめに」で、

「そうした中(イギリス生活)で気づいたのが、彼らの表現力の豊かさです。ひとつのことを様々に言い換え、同じ表現は繰り返しません。後で知ったのですが、この『言い換え』を『パラフレーズ』といいます」

「本書では、日常でよく使う52のフレーズの言い換えを、図や表にしてわかりやすく解説しています」

と紹介されている通り、「こんにちは Hello」や「調子はどうですか? How are you?」「ありがとう Thank you」であったり、「好き I like you and I like it」「嬉しい happy」「おいしい It tastes good」などの言い換え表現が掲載されています。

ところで、私はインスタで日英投稿をやっていて、自分が英語表現で気をつけていることがあります。
それは「I から始まる文を多用しない」とかいくつかあるのですが、特に重視しているのが、「ひとつの投稿内で同じ表現を使わない」というやつです。

「感動した」でも、「xx inspires me」や「xx impresses me」「xx touches my heart」とか別の表現を使うようにしています。なのでまさに、このパラフレーズ集は求めていたものです。

今作も、重盛さんの「秘密のノート」シリーズやほかの書籍と同様、とっても細かやなつくりです。

とってもオススメの本です。

【『鬼滅の刃』のグッとくるところを英語で紹介】

こんにちは、岩田です。

『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』がついに10月16日より公開!
アニメはもちろん全話視聴し、コミックスも全巻持っている私としては、観に行くと思います。というわけで、本日は『鬼滅の刃』の話題を。

『鬼滅の刃』は、一応紹介すると、週刊少年ジャンプで今年の5月まで連載されていたマンガで、現在発売されている22巻まででコミックス累計発行部数が1億部! を突破。

アニメも放映され、Netflix、amazonプライムともに全26話を見ることができます。今回の映画はこのTVシリーズの続きの話です。

そんな『鬼滅の刃』の好きなところを勝手に英文もつけて紹介します。

ちなみに海外での英語タイトルは、『Demon Slayer(悪魔殺し)』。

『鬼滅の刃』のグッとくるところは、

1. 主人公・炭治郎が考えながら成長し続けるところ。それでいて、弱音も吐くところ。
The main character Tanjiro is struggling to become a better version of himself. On the other side, I like he sometimes feels like whining.

「気合いだけではどうにもならない。頭だ。気合いとともに頭も使うんだ! Getting psyched up is not enough. I have to rack my brain while getting psyched up!」

「俺はもうホントにずっと我慢してた!善逸を女の子から引き剥がしたときも、声を張ったときも、すごい痛いのを我慢してた! 俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった I’d been very patient! When I separated Zenitsu and a girl and spoke in a forceful voice, I’d put up with the pain! I could bear the pain because I’m the oldest son. I couldn’t stand it if I was the younger one」

2. 家族愛が描かれている。家族や兄妹愛というのに弱いです。
I like the story telling family ties.

3. 善逸を見ると、一芸に秀でることは素晴らしいと思える。善逸のヘタレぶりがたまにくどいと感じちゃうけど、その分、敵を一撃で倒す姿が素晴らしい
When I see Zenitsu, I sometimes get annoyed with him. However I see him defeating an enemy with one stroke, I think it’s great to excel in an art.

4. 禰豆子が強くて&かわいい
Nezuko is so strong and cute.

5. 胡蝶しのぶ演じる早見沙織さんの声が素敵すぎる
I really like Shinobu Kocho and regarding the anime series, the voice actress “Saori Hayami” of “Shinobu Kocho.”

6. 主人公・炭次郎に励まされると勇気をもらえる
使い古されたフレーズであろうと、炭次郎に言われると、言葉がストンと胸に入ってきます。
The main character Tanjiro’s words encourage me even if they’re trite expressions.

「自分の終わりを自分で決めたらだめだ Don’t place limits on yourself」

「頑張れ! 人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる! Hang in there! Heart makes a driving force so your heart can get stronger」

「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる。そして人は自分ではない誰かのために信じられないような力を出せる生き物なんだよ One good turn deserves another. And helping others makes you create unbelievable power for them」

英語版の『鬼滅の刃』のDVDがあるならば、勉強のためにもぜひほしいです。

中年以降の単語の覚え方

単語の暗記

これ得意ですか?

 

そう聞くと、得意です!

 

そういう人はほとんどいないですね。

 

特に中年以降になると間違いなく

「超苦手」

 

まず、単語の暗記に関してはいつも言っていることがあって

「暗記は作業」

 

そう、頭の良し悪しってあんま関係ないんですよね。

 

もちろん、得意不得意はありますが、「作業」をしてもらえば

今まで覚えられなかった方を見たことがありません。

 

「作業」のポイントは「反復」です。

 

ただ、私自身、決して単語の暗記は苦手じゃなかったのが

来月40になる年頃となると

ずいぶん暗記力も落ちたと実感しています。

 

正直、アルコールによる脳へのダメージも考えられますが

さて、そうなってきて、

私は、ちょっと単語の暗記への戦略を変えました。

 

そして、それは今のところうまくいっています。

 

徹底的に暗記して、それを数日単位で繰り返す

そういうのをもうやめたのです。

 

徹底的に暗記したつもりが、すっぽり抜け落ちる

このサイクルがすごく加速したと感じているからです。

 

やることは

 

1、徹底的に暗記をやめて、ざっと見るくらいにする

2、数ヶ月やるつもりでやる

 

昔は、日本語から英語、もしくは英語から日本語で徹底的に暗記していました。

派生語なんてものまで手を出してましたが

そういうのは全てやめました。

 

今は、覚えたい英単語のみをEvernoteに書き

それを暇な時に、ざっと眺めるだけです。

 

全く忘れた単語は、ちょっとカーソルを合わせれば意味が出てきます。

で、それをまた別日に見るだけ。

 

つまり、タスクをめちゃくちゃ簡単にして

その代わり、数ヶ月にわたって何度も繰り返すことで覚える

 

これが中年以降の単語の覚え方として正解だと思います。

無理は良くない

 

安全第一で!

 

本日はLeonがお送りしました。

【『風の谷のナウシカ』の輸入盤DVDで英語の勉強】

こんにちは、岩田です。

前回の「輸入盤DVDで英語の勉強:『天空の城ラピュタ』編」に続いて、今回は「ナウシカ」を。

『風の谷のナウシカ』の英語タイトルは、『NAUSICAA -OF THE VALLEY OF THE WIND-』です。
「ナウシカ」は「NAUSICA」ではなく「NAUSICAA」と「A」が2つ付いています。

グッときたセリフをピックアップすると、

ナウシカ:「See…you’re not scared. See…you were just frightened ほらね、怖くない。ね? 怯えていただけなんだよね」

ナウシカ:「I frighten myself. I don’t know what my rage will make me do. I don’t want to kill anyone 私、自分が怖い。憎しみにかられて何をするかわからない。もう誰も殺したくないのに」

ナウシカ:「I promise you’ll be safe. Trust me and dump that cargo みんな、必ず助ける。私を信じて荷を捨てなさい」
ミト(Mito):「We’ll do whatever you say. Please! Put your mask back on! なんでもしますから。お願いじゃ、はようマスクを!」
ミト:「The Princess is smiling 姫様、笑うておる」

ナウシカ:「What are you so afraid of? You’re just like a lost fox-squirrel あなたは何をおびえているの?まるで迷子のキツネリスのように」

ゴル(Gol):「Our Princess said she liked these hands. They were the beautiful hands of a hard worker わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくれる。働き者のきれいな手だと言うてくれましたわい」

ナウシカ:「I’m sorry. I can’t ask your forgiveness. It’s too cruel ごめんね。許してなんて言えないよね。ひどすぎるよね」

大ババ(Obaba):「…closed in blue robes, descending onto a golden field (to join bonds with the great earth and guide the people to the pure land, at last) その者、蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし(失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん)」
—

ほか、英語だと何と表現する? といったワードをあげると、

「ユパ様」は「Lord Yupa」、
「腐海」は「the Sea of Decay」、
「蟲笛」は「insect charm」、
「チコの実」は「chiko nut」、
「オウム」はそのまま「ohmu」、
そして「巨神兵」は「the Giant Warriors」

です。

TOEICパート5文法問題ように私がやり倒した問題集

 

本日は、TOEICパート5にオススメの文法問題集のお話を動画にしました。

 

コツは、とにかく浮気せずに何度も何度もやり倒すことです。

一時期、家用、教室用と二冊持っていたこの本のお話です。

 

良かったらご覧いただき、さらに良かったらチャンネル登録もしていただけたら嬉しいです!

 

本日はLeonがお送りいたしました。

【『天空の城ラピュタ』の輸入盤DVDで英語の勉強】

こんにちは、岩田です。

現在、NHKで『未来少年コナン』が再放送中で話題になっていて、amazonプライムビデオで一気観したところ、大傑作でした。

というわけで、あらためて宮崎駿作品を観よう、しかもせっかくなら輸入盤DVDで英語の勉強もしようということで、『天空の城ラピュタ』を購入しました。

『天空の城ラピュタ』の英語タイトルは、『LAPUTA -CASTLE IN THE SKY-』。

この輸入盤DVDは英語吹き替え版と字幕の両方で見ることができます。今回は英語字幕からセリフをピックアップ。

まずはパズーとシータの最初の出会いのシーンから。

パズー:「Hi. How are you feeling? やあ、気分はどう?」

「I’m Pazu. I live by myself 僕はパズー。この小屋でひとり暮らしをしてるんだ」

「So you are human after all 安心した。どうやら人間みたいだ」

「I was afraid you were an angel さっきまでひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ」

シータ:「Thanks for helping me. I’m Sheeta ありがとう助けてくれて。私、シータっていうの」

パズー:「Sheeta, nice name. You fell from the sky. A bit scary シータ、いい名前だね。驚いちゃった、空から降りてくるんだもん」

「天使じゃないかって」とか、「いい名前だね」とか、真っ直ぐに言えちゃうところがパズーのいいところです。

次は、パズーとシータが、ムスカ率いる軍隊と海賊のドーラ一家から一時的に逃れた後のシーンです。

シータ:「I’m sorry I dragged you into all of this ごめんね。私のせいでパズーをひどい目に合わせて」

パズー:「When you fell from the sky, my heart was racing. I knew something wonderful had begun ううん、君が空から降りてきたとき、ドキドキしたんだ。何か素敵なことが始まったんだって」

このポジティブシンキングなところもパズーのいいところです。

お次はシータをムスカにさらわれた後に、パズーが海賊のドーラに、「一緒に連れて行ってくれ」というシーンです。

パズー:「Can’t I go with you, Ma’am? I have to help Sgeeta! おばさん、僕を仲間に入れてくれないか? シータを助けたいんだ!」

ドーラ:「Not so fast. Do it on your own nickel 甘ったれんじゃないよ。そういうことは自分の力でやるもんだ」

パズー:「You’re right, if I was clever and strong, I could’ve defended her そうさ。僕がバカじゃなくて力があれば守ってあげられたんだ」

「Please, I don’t care about treasure ラピュタの宝なんていらない。お願いだ」

ドーラ:「You’ve got 40 seconds 40秒で支度しな!」

ここもパズーはまだ子どもで非力なので、自己弁護できるところなのですが、「そうさ。僕がバカじゃなくて力があれば守ってあげられたんだ」と答えるところがグッときます。ドーラもひどいことを言うっていうより、パズーを大人として扱っているんでしょう。

最後はパズーとシータがムスカを追うドーラに同行させてくれと頼むシーンです。

パズー:「Lady, please take us aboard おばさん、僕たちを船に乗せてください」

ドーラ:「Call me captain! What use are you without the crystal? 船長と言いな! 飛行石を持たないお前たちを乗せて何の得があるんだい?」

パズー:「We’ll work 働きます」

シータ:「I want to see Laputa for myself ラピュタの本当の姿をこの目で確かめたいんです。

ドーラ:「Don’t want any treasure, just to see Laputa? Suspect motives for boarding a pirate ship ふんっ。宝はいらないとか、ラピュタの正体を確かめるとか、海賊船に乗るのに動機が不純だよ」

「One false move and you’re shark bait! 変なマネしたらすぐに海にたたき込むからね!」

パズーのさらなる魅力は自主性があるところ。「働きます!」といって実際、率先的に働きます。同時に、お願いのみならず、相手のメリットになることも提示している点で聡明です。そこはシータも同様で、汚い台所を目の前にして「はぁ、何で私が掃除や料理をやらなきゃならないの」ってならずに、「よしやるぞ!」ってなるところや、ドーラに対して、ラピュタへの道標の情報の伝え方が的確で、二人ともクレバーでもあります。

と、親しみのある作品だと、英語もグンと覚えやすいです。次回は、「ナウシカ」の輸入盤DVDも買ったのでそのお話を。

発音が苦手な方はどうしたら良いのか?

発音が本当に治るなら、100万払っても高くない

英語学習法の著書もある有名な方が言っていました。

 

それくらい、発音に対する日本人の悩みはよく聞きます。

なんとなくですが、傾向的に、女性の方が発音は良いようです。

 

結論から言うと、どうやら発音は元々の能力によるところが大きいみたいです。

SLAにもそのような研究結果は多いですし

はっきりと「発音は治らない」と、結論づけているものまであります。

 

僕の感覚ですが、発音は確かに直すことが難しいです。

そして、大した英語をしゃべっていなくても、発音が良いだけで下駄を履かせられるのも事実。

英語教師と名乗りながら、要は発音がいいだけじゃないか、と言いたくなる人までいますが・・・

 

とは言え、全くじゃぁ、どうにもならないのか?

と言うと、決してそんなことはありません。

 

改善はするのです。

 

ポイントは二つあって

 

1つ目は「発音記号」にそって練習してみること。

日本人に苦手な発音(LとR、TH、SheとSeaの違いなど)もそうですが

意外な盲点が母音(a, e, i ,o, u)で、日本は母音が5つですが

英語は23個あると言う人までいます。

 

あとは文章として読んだときの、ネイティブ特有の法則(くっついたり、読んで無かったり)も大切です。

 

これらを勉強する、となるとすごく面倒臭いと思いますよね?

 

ところが、これは一回ざっと本でも読んでみて、知識として頭の片隅に入れ

あとは、単語が出てきて、これどう発音するんだろう?

と、ちょっと調べる、これを繰り返すのが一番です。

 

発音を改善させるポイント2つ目は

音源と一緒に「音読」

本当にこれです。

 

シャドーイングなどをしっかりと繰り返すことで、自然と発音は改善されていきます。

 

特に発音にフォーカスした音読練習をしたかったら、

音源をある部分再生する、

で、止めたら、今聴いた部分を口真似してみる。

(リプロダクション)

 

これは発音に注意を払ったリスニングもできますし、

実際に声に出して発音することもできるので、とても良い練習です。

 

このポイント2つを押さえれば、発音は絶対に改善します。

 

あえてもう一つ、みなさんが嫌がる裏技をあげるとしたら

「録音してみる」

ことです。

 

なかなか勇気のいることですが、

一人でやれば恥ずかしくないですし(ショックは受けるかもしれませんが・・・。僕もそうでした)

また、もっと勇気があれば、録音したものを専門家に聞かせてアドバイスを求めるのもありです。

 

ついでながら、発音指導は実はネイティブじゃない方が良いとも感じています。

 

発音はやはり良いに越したことはないですし、何よりリスニングが楽になります!

血道を上げるのではなく、気楽にやった方がやらないより良い、くらいの感覚で是非取り組んでみてください。

 

本日はLeonがお送りしました。

学習に色々迷う時は単純に「やれていない」時が多い

Hello, folks!

近頃ゆえあって、色々な英語教室のホームページをみて特徴をまとめています。

 

大体主要な英会話スクールはみたのではないでしょうか。

そうしてみると、大きく成功するスクールは

その時に際立って目立つ「売り」があることを改めて確認しました。

 

大体、どこも言っていることは一緒なのですが

そんな中で Splendid に目立つ売り文句があるのです。

なんてことはともかく、

 

「これはどれが正しいのか、本当に迷うだろうなぁ」

とも感じました。

 

多少なりとも「勉強」に対する知識や経験があれば

良いもの悪いものも勘でわかりますし

 

いくらサービスが大量にあろうとも

「結果を出す原則はすごくシンプル」

とわかっているものです。

 

結果を出す原則とは

単純に正しい作業の継続です。

暗記が苦手、とは語学につきものの悩みですが

それも、実際は暗記能力ではなくて

「作業」をいかに「継続」できるか?でしか無いのです。

 

なんて偉そうなことを言っていますが、

私だって英語学習に迷う時があります。

 

本当にこれでいいんだろうか?

あってんのかな、これで?

そうして迷う時はたくさんありますし

迷っている時には

 

「結局、日本人には所詮、完全に帰国子女みたいな自然な英語は無理なんだ」

と、絶望的な気分になりもします。

 

でも長年の経験上、そういう時には共通点があるのです。

 

「ちゃんと毎日英語学習をしていない」

 

本当にそうです。

悩む時って、

 

「単純に、やってない」

 

やれないこと自体を悩む時もありますね。

 

「どうしてやれないんだろう?」

 

そうやって迷うのです。

 

どうでしょう?

今あなたが悩んでいるとしたら?(英会話学習で)

そもそも、英語の学習を何も

「やってない」

のではないでしょうか?

 

もう一度いいますが、

結果を出す原則はシンプルです。

 

正しい作業の継続です。

 

努力ではなく「作業」というところがポイントです。

迷った時こそ「作業」をやってみてください。

それが唯一の解決方法です。

 

本日はLeonがお送りしました。